公衆の面前で、警察官と見間違わせるような制服や装備品を身につけるコスプレをすると軽犯罪法に触れる可能性があります。しかし自宅なら、どれだけ完成度の高い警察官のコスプレをしても問題ありません。本物に迫る精巧なアイテムで、自宅で憧れの警察官になりきるための警察グッズ購入ガイドを紹介します。

専門ショップでこだわりの警察グッズ

警察官が身に付けている制服や各種装備品は、専門ショップでこだわりの警察グッズを購入できます。ドラマや映画など映像制作関係者も訪れるという、精巧な出来栄えのレプリカばかりです。

例えば警察官の被る帽子は、その任務や所属によってさまざまな種類が存在。男性警察官の「制帽」は、サイドの帯章で着用する警察官の階級が表示されます。そんな制帽の実勢価格は35,000円です。

活動服着用の際に装備する「活動帽」は実勢価格16,000円。ガサ入れなどの捜査の際に着用される「出動帽」は実勢価格10,000円となっています。活動帽が作業用なのに対して、出動帽はいわば戦闘用といった位置づけです。

「警察手帳」のレプリカはヨコ開きの旧タイプが実勢価格20,000円。警察手帳の文字は金の箔押しで印字されています。現行タイプのタテ開きタイプは実勢価格30,000円です。名札側が従来のものより薄くなっており、バッジを表にした状態で折りたためます。

警察グッズは帯革など小物にこだわる

こうした警察官の制服や装備品が揃う専門ショップが「プロテクトアームズ」。警察グッズ購入は会員制です。サイト未掲載の商品も多数アリです。

警察グッズは小物にもこだわりたいところ。装備品を装着するための「帯革ベルト」は実勢価格35,000円。帯革止めが2本セットになっています。また、警棒をベルトに装着するための「警棒吊り」は実勢価格35,000円。2穴で固定されるため、警棒が動きにくい構造です。

このほか「機動隊出動ベルト」は実勢価格3,024円。ナイロン強力糸840Dを使用しています。サイズは100cm・110cm・120cmの3種類です。白バイ隊員用の白バイマフラーは実勢価格2,160円。サイズは大(90cm×200cm)と小(45cm×200cm)の2種類あります。

これら装備小物が購入できるショップが「竹村商会」。購入には会員登録が必要ですが、要望にはきめ細やかに対応してくれます。あのタランティーノ監督も来店した「ガットバスター」は制服から記念品までバラエティ豊かです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察手帳や制帽など警察グッズはどこで買える?