年々増加する集中豪雨による被害。さまざまなケースに応じて備えておくべき一芸に秀でたアイテムを紹介しましょう。自宅の水の侵入を抑える鉄板アイテムが「土のう」です。とはいえ、自宅に土のうを準備するといっても、中に入れる土の手配も容易ではありません。そんな時は吸水ポリマーを利用した「緊急簡易土のう」を活用しましょう。

簡易土のうは吸水ポリマーで膨らむ

「土のう」は浸水被害を軽減するのに有効とはいえ、常日頃から自宅に備えておくのはとっても邪魔…。そこで、普段はコンパクトに収納でき、緊急時のみ膨らむという現代仕様に進化したのが、アイリスオーヤマの「緊急簡易土のう」です。

緊急簡易土のうは、紙オムツなどに使われる吸水ポリマーが水を含んで大きく膨らみ、ずっしりとした重量の土のうに早変わりします。通常の土のうのように、土を詰める作業が不要なのも特長です。

緊急簡易土のうの中身は粉末の吸水ポリマーなので、給水前は軽くてコンパクトです。水に浸して軽く揉むと5分程度で完成します。緊急時にすぐに使えるのもポイントでしょう。

たった5分で特大サイズの簡易土のう

実際に使用してみたところ、たった5分で特大サイズの土のうが完成しました。給水前は約110gだったものが、吸水ポリマーが水を含むことで土のうは約16㎏に増量。重量感があり、それでいて形も変えやすいので、隙間なく積み上げられました。

使用後は、炎天下であれば2~3日で収縮し、一般ゴミとして捨てられるようになるといいます。緊急簡易土のうは10個パックなので、1セットあれば玄関前に積み重ねてすばやく浸水を防ぐことができるでしょう。アイリスオーヤマの緊急簡易土のう「H-DMW-5(10枚入)」の実勢価格は5,379円です。

万が一、自宅が浸水してしまった場合、水が引いた後に家屋の消毒が必須です。使用する消毒液は、次亜塩素酸ナトリウムや10%塩化ベンザルコニウムなど。厚生労働省のガイダンスによると、それぞれ0.1%程度に希釈して、浸した布でよく拭くことで、細菌やカビの繁殖を抑えられるといいます。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「吸水ポリマーでたった5分で「土のう」が完成!