警察庁は自動車盗難や自動車を用いた犯罪への対処として、人員によらず交通検問を実施できる自動車ナンバー自動読取装置、いわゆる「Nシステム」を1986年度から整備しています。そして、手配車両とナンバーが合致した時に発せられる警報が「Nヒット」です。Nヒットが実際に犯人検挙につながった事例を見ていきましょう。

Nシステムで読み取ったナンバーを照合

「Nシステム」は、全国各地の公道上に設けたカメラで通過車両のナンバーを自動的に読み取り、手配車両データベースとリアルタイムで照合。合致した場合に「Nヒット」と呼ばれる警報を発します。

Nシステムの整備がスタートしたのは1986年度から。1993年からは読み取ったナンバーを日付・時刻・進行方向とヒモ付けして蓄積し、事後的な検索も可能になっています。

Nシステムが犯人検挙につながった最近の事例では、2013年11月に東京都で起きた田園調布女子中学生誘拐事件が挙げられます。

この事件は、女子中学生の母親が誘拐の事実を知り、田園調布署に通報。同じ頃、同年3月に江戸川区内で盗まれたナンバープレートを装着した車がNヒット。府中市方面へ向かっていることが判明したため、府中署員が国道20号線で検問を実施して当該車両を停止させました。

Nシステム検知で45分のスピード検挙

誘拐犯は盗難届けが出ているナンバープレートを、犯行に使用したレンタカーにわざわざ装着していたこにより、Nシステムが検知。検問を実施していた警察官は誘拐事件に使用された車両と知っていたわけではありませんでした。しかし、結果として誘拐発覚後わずか45分でのスピード検挙となったのです。

このように嫌疑のある車両のナンバーが明確に分かっていれば、絶大な威力を発揮するNシステムですが、一方で犯罪に関与していない市民の情報が延々と蓄積され続け、悪用される危険性も指摘されています。

実際に、Nシステムで得たデータが愛媛県警の警部の私有PCからWinnyのファイル交換ネットワーク上に流出したこともあるのです。蓄積されたデータの悪用は決して杞憂とはいえないでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Nシステムのナンバー検知による犯人検挙の事例