iPhoneで数字入力で困るのが「00」などの数字の連続入力。「~」などの意図しない記号が入力されてしまって困惑する場面は多いものです。しかし、キーボードの設定を変更することで、この不具合はすぐに解消。しかも、「かな」と「数字」とキーボード切り替えがすばやくできるようになります。

iPhoneはフリック入力に慣れると便利

iPhoneユーザーの多くが、キー入力に「フリック」を使っているはず。フリック入力は、キーをタップしたままスライドして別の文字を表示する方法。「あ」を左フリックすると「い」、上フリックで「う」といった具合です。

じつは数字にもフリック入力が割り当てられていて、フリック操作でさまざまな記号が入力できます。「0」を左フリックすると「~」、上フリックすると「…」が入力できるのです。

いったんフリック入力に慣れると、サクサク文字が打てて便利。ところが、初期状態で使っていると別な問題が出てきます。というのも、同じキーを2度、3度と押すとフリックで出るはずの文字が現れるのです。「あ」を2度続けて押すと「い」、3度押すと「う」となってしまいます。

これは、フリック入力だけでなく、10キーがあった時代の携帯電話の入力方法「トグル入力」もオンになっていることが原因。このため、数字の場合「00」と入力すると「0」を左フリックした時に出る「~」が、「000」と入力すると「0」を上フリックした時に出る「…」が表示されてしまうのです。

iPhone「フリックのみ」をオンに変更

この現象を回避するためには、iPhoneのキーボードの設定を変更する必要があります。その方法は、まずホーム画面から「設定」アプリを開きます。「一般」→「キーボード」と選び、キーボードの設定画面を表示。「かな」という項目の「フリックのみ」をオンに変更するのです。

これで、「0」を2回タップしたときにはそのまま「00」と入力されるようになります。なお、本当に「~」を入力したい場合は「0」を左フリックすれば入力可能です。

キーボードを「フリックのみ」に設定すると、別の高速入力が可能になります。それは「かな」と「英字」「数字」のキーボードの切り替えです。

初期設定のままでは「かな」から「数字」へキーボードを変更する際、キーボード左下にある「英字」ボタンを2回タップする必要がありました。しかし、「フリックのみ」に設定すると、キーボード左に「★123」「ABC」「あいう」と「数字・英字・かな」の3つのボタンが表示されるようになります。

「かな」から「数字」へは「123」をタップすればすぐ切り替わり、かなに戻すときも「あいう」をタップすれば一発です。iPhoneのキーボード設定で、ぜひ「フリックのみ」を試してみてください。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneキーボード「フリックのみ」に今すぐ変更