猫撫での閾値超えた瞬間を、捉えた映像どこか切なく
あ、左様でございますか。ここまででよろしゅうございましたか。 猫と暮らす皆さまにとっては、あるあるシーンの一つとなっておりますので、切なさをかみしめながらご覧いただければ幸いです。
食卓の角で、これ見よがしに相手をせよと飼い主に迫る猫。仰せの通りにと従順な飼い主さんは、せっせとアゴを撫でてご機嫌を伺います。こちらでしょうかそちらでしょうか、御加減いかがでございましょうかと丁寧に撫で撫でし、顧客満足度も最高潮に達しゴロリと甘えモードへと移行するものという予感がシナプスを走ったが速いか、猫は突如真顔に戻って「はい、そこまで」と終了の合図。 スペランカーレベルのシビアな当たり判定は日常茶飯事となっている読者諸兄であれば、どこが秘孔だったのかお分かりになるのではないかと思います。 [cat politely refuses to be petted/YouTube]The post 猫撫での閾値超えた瞬間を、捉えた映像どこか切なく first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫撫での閾値超えた瞬間を、捉えた映像どこか切なく