俊敏な亀と戯れ逃げる猫、嫌がりながらも追われるのを待ち
「いやよいやよはマジでいや」事例が多くなった現代には珍しい「いやよいやよも好きのうち」事例をご覧ください。
猫のキティと亀のビリーは、子猫のころからのマブダチ。キティがお外で甲羅干しをしていると、我も我もと亀にしてはたいへんな俊足で迫ってくるのだそうです。俊足いうても亀なんだから、と高をくくっていたところ見事にその予想は裏切られ、かなりの俊敏さで猫の後を追いかけております。 追って追われてまた逃げて。猫パンチで応酬するキティではありますが、ビリーが追いつくまでしっかり見つめていたり、同じところをクルクル周回したり、嫌っちゃ嫌かも知れませんが本心から嫌がっているんではなく、遊びに付き合ってあげている感じが伝わってくるほんわか動画となっております。 [FAST TORTOISE HUNTS & RELENTLESSLY ATTACKS CAT FROM GARDEN/YouTube]The post 俊敏な亀と戯れ逃げる猫、嫌がりながらも追われるのを待ち first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「俊敏な亀と戯れ逃げる猫、嫌がりながらも追われるのを待ち