中華鍋で作る特製猫チャーハン、予測不能の仕上がりに
猫に鍋にチャーハンといったら、やっぱり黄色と白のシンプルな卵チャーハンが思い浮かぶわけです。 素材から考えればそうなるのがセオリーだと思いますが、猫YouTuber界の大物の手にかかれば、そんな予定調和もこんがりパラパラとほぐされてしまうのでありました。さっそく仕上がりをご覧あれ。
ちゃいちゃんとかりんちゃんがいなくても、それはそれでYouTuberとして成立するんじゃないか疑惑を抱かせる、ハイスペックスタッフさん擁する猫チャンネル「もしも猫が喋ったら」にアップされておりましたのは、猫チャーハンと銘打ったこちらの動画。 猫とチャーハンときて、中華鍋が出てくるのですから、それはもうああなってこうなって、猫が鍋を占拠して振れないとかそのままお皿に盛って一丁上がりとか、そういう予定調和を期待してしまいますが、そうは問屋が卸しません。 チャーハン調理前に引っ張り引っ張りまた引っ張って、作られたのは猫きなこ入りのチャーハン。しかもエアチャーハン。そして完成の品は、鉄のお玉をかぶったラーメンマン風ちゃいちゃん。鍋かお皿に盛られたチャーハンの口になっていた視聴者の期待を裏切り、チャーハンを見たかったはずなんだけどお玉を被ったちゃいちゃんはそれはそれでかわいいのでヨシ!と現場猫が脳内に登場する展開となったのでありました。 [猫チャーハン/YouTube]The post 中華鍋で作る特製猫チャーハン、予測不能の仕上がりに first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「中華鍋で作る特製猫チャーハン、予測不能の仕上がりに