人間と三毛猫互角のセッションバトル、尻を叩くと膝叩き返す
なんとも息のあったナイスセッションであります。 飼い主さんの太ももの上に乗り、膨らんだしっぽをおっ立て真面目な顔を浮かべる三毛の猫。その理由はプロのミュージシャン魂でありました。
猫動画界隈では定番の尻Bongoムービーを探しておりましたところ、見つけましたのがこちらの三毛猫。パンパンパパンパパパパンと尻をスパンキングされると、その音に答えるかのように飼い主の膝頭をカーシカシ。 飼い主のボンゴさばきが興に乗れば乗るほど、三毛猫の動きと前脚さばきもノリノリとなってきまして、音楽性のベクトルがぴったりと合った2人の音楽家によるセッションは、時間の経過と共に絶好調。 このままの調子でいくと、エレファントカシマシのライブのごとく、マイクの投げ合いが始まるんではないかと思われましたがそこはプロ。乗りに乗ってきたところで、さっと膝から飛び降り、有終の美を飾ったのでありました。 [spanking the cat 2/YouTube]The post 人間と三毛猫互角のセッションバトル、尻を叩くと膝叩き返す first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「人間と三毛猫互角のセッションバトル、尻を叩くと膝叩き返す