ソファに凭れ優雅にライブを鑑賞する猫、視線の先にはスラッシュメタル
BIG4ライブのSlayerを明鏡止水の表情で鑑賞しております。 子どもの時分に慣れ親しんだ音に人は落ち着きを感じるものでして、街を流れる用水のせせらぎの人もいれば、電車のゴトゴト音の人もいれば、遠くの国道で響くパラリラパラリラの人もいるわけでありますから、ヘビメタやスラメタでこんな表情を浮かべる猫がいたってなんら不思議ではありません。
茶トラ猫のBuddy君がソファの凹みに腰掛け、心静かに眺めているのは、Slayerの「Seasons in the Abyss」。熱狂するライブオーディエンスと心を通わせながら浮かべるのは、月明かりに照らされたかのような悟りの境地寸前の表情であります。 十分にライブに陶酔すると、お経を聞いている姿と見分けがつかなくなる事例といってもさし支えないのではないでしょうか。 [Cat Watching Slayer/YouTube]The post ソファに凭れ優雅にライブを鑑賞する猫、視線の先にはスラッシュメタル first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
喧嘩を売られた友を救った三毛の猫、吠える茶トラにパンチを喰らわす
永遠に進まぬ車に気を掛ける猫、共に進もう後ろを押して
手の形も寝顔も猫はかわいく愛しく、鼻はヒクヒクイビキは野太く

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「ソファに凭れ優雅にライブを鑑賞する猫、視線の先にはスラッシュメタル