六道輪廻の世界から救済し、転生するときは車じゃなくて猫になれと諭しているのでしょうか。 ルームランナーの上で永遠のドナドナを続けるモンスタートラックのオモチャに、解脱を促す茶トラ猫の様子をご覧いただくといたしましょう。
何をどう思ったのかは定かではありませんが、トラックにロープを結わいて、進まぬ道の上で車輪を回し続ける苦行を強いた飼い主さん。その姿に慈悲の心を抱いた茶トラ猫のIndyは、ロープを解こうとしたり、後ろからトラックを押したり、ロープを引っぱったりして、前へと進ませようと粉骨砕身しております。 しかし押しても押してもトラックは輪廻の輪を抜け出せず、Indy自身もメビウスの輪に足を踏み込みかけてしまいます。そこで飼い主が取り出だしたのは、Indyの好物たるカリカリ。トラックのボンネットとルーフに撒かれたカリカリを食べながら、二足歩行でトラックを押すIndy。根本的な解決にはほど遠いものの、立ってトラックを押すいい絵が撮れて飼い主も見ているこちらもおなかいっぱいに。 最後はトラックに乗って共に輪廻の輪を巡るの境地に至った、Indyなのでありました。 [Cat Riding A Monster Truck On A Treadmill !!/YouTube]The post 永遠に進まぬ車に気を掛ける猫、共に進もう後ろを押して first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
手の形も寝顔も猫はかわいく愛しく、鼻はヒクヒクイビキは野太く
手のひらに揺れる猫尻パーカッション、首輪の鈴の音は幽けく
3本足の猫の望みは連続の、天地逆さま尻叩き

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「永遠に進まぬ車に気を掛ける猫、共に進もう後ろを押して