開けて閉め閉めたら開けてまた閉めて、律儀な猫は飽かずにリピート
戦いはこのように真剣で、かつ平和なのが一番であります。 白猫と飼い主との仁義無き戦いは、ストーブのスチーム蓋を巡る、一進一退のシーソーゲームでありました。
飼い主が蓋を開けたら間髪入れずに閉める白猫のミクちゃん。なんだかよく分からないまま、手が反応しちゃっている感じに、現状の安定を指向する猫らしさがにじみ出ております。 閉じたら開ける開けたら閉めるの応酬は回数が増える毎にスピードアップ。とうとう自分で開けるところまでやってしまうミクちゃんは、最後の最後で沸き上がる蒸気に気づいたようで「これなあに?」と、穴の中に興味を奪われたのでありました。 [猫VSおれ Cats VS me/YouTube]The post 開けて閉め閉めたら開けてまた閉めて、律儀な猫は飽かずにリピート first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
体の芯から温々寛ぐ白黒猫、蓋に寝転ぶ岩盤浴スタイル
自分史上最高の顔で箱充する猫、首だけひょっこりよもぎ蒸し風
毛づくろいの音をアテレコされた猫、不満な気持ちを顔で表現

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「開けて閉め閉めたら開けてまた閉めて、律儀な猫は飽かずにリピート