理不尽な猫のパンチの恩仇事例、毛づくろいさせて突然怒る
猫同士でも発生するのですから、人間相手で起こるのは当たり前ですね。 猫と暮らす皆さまでしたら一度ならず二度三度どころか、無数に体験されたことのある、さっきまでゴロゴロ気持ち良さげだったのに、突然当たり判定されてキレられる事案。猫同士での毛づくろい中に発生した瞬間をご覧ください。
両眼を閉じて、さも気持ち良さげに顔面を差し出す猫と、それに応えるやさしい猫。うっとりほっこりすーべすべ気分で、恍惚とした表情を浮かべておりまして、ゴロゴロがここまで聞こえてきそうであります。 顎下鼻先耳の中までと、至れり尽くせり至極のフェイスケアコースに、左の次は右もお願いと、圧力強めに顔面を差し出すと、こっちもあっちも痒いところにベロを伸ばして毛づくろい。ところが左耳に差し掛かったところで、突如飛び出すスローな猫パンチ。理不尽、理不尽、理不尽、そうつぶやきながら涙を拭わざるを得ません。 なんとも不条理な当たり判定変更の瞬間を察知できるマシンがあったら、無用な争いと分断を防ぐ功績で、ノーベル平和賞間違いなしであります。 [Cat Licks Otheもtr Cats Face/YouTube]The post 理不尽な猫のパンチの恩仇事例、毛づくろいさせて突然怒る first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
この映画だけは絶対許さない猫、機敏な動きで再生を阻止
天井を眺めて猫はくるくるり、シーリングファンが猫オモチャ化
2020米大統領選大胆予想、5匹の猫の投票結果は

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「理不尽な猫のパンチの恩仇事例、毛づくろいさせて突然怒る