飼い主の体の内部が気になる猫、口をこじ開け頭をねじ込む
猫が唯一入れそうな、でっかい穴なのは間違いありません。 猫をほおばる飼い主は珍しくありませんが、自ら進んで飼い主の口にほおばられにいく猫の事例を見つけて参りましたので、謹んでご紹介する次第です。
飼い主さんが口を開いたら最後、その奥を確かめないと気が済まなくなったサビ柄の子猫。硬く唇を閉ざして飼い主は抵抗しますが、肉球でくすぐってちょっと開いた隙間に鼻先を突っ込めば、笑い声とともに勝手に口が開いてしまうと子猫は知っているようであります。 この奥にはおいしいものを隠しているに違いない。何度もこの目で見たんだからとばかりに、一心不乱に口を狙う猫を見ておりますと、なんだか顎の上がこそばゆくなってくるのでありました。あの感覚の名をご存知の方は、ぜひコメントでお知らせください。 [Kitty Tries to Climb into Owners Mouth || ViralHog/YouTube]The post 飼い主の体の内部が気になる猫、口をこじ開け頭をねじ込む first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
炭酸水浮かぶうたかたビビる猫、カーテン越しに厳重警戒
人間も鬼も滅する猫の呼吸、壱ノ型から終ノ型まで
足跡の凹みが膨らむ低反発、猫は遊ぶよ永久機関で

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「飼い主の体の内部が気になる猫、口をこじ開け頭をねじ込む