足跡の凹みが膨らむ低反発、猫は遊ぶよ永久機関で
一歩進むたびに肉球が沈み、マットの上をぐーるぐる。 人間だって初めて触ったときは何だこりゃと思うわけですし、猫にとっては沼に沈む感覚と言っても過言ではないかもしれません。低反発マットに慣れない猫のナイスリアクションをどうぞ。
足元に何かいると思うのか、脚が沈むのを恐れるのか、それとも何か知らんけど楽しいのか、押す→沈む→跡が付くの繰り返しを興味深く見つめる白黒猫。徐々に元に戻る足跡の凹みを、何かが上に上がってくると認識しているようであります。 自重で繰り返し遊んでくれる、猫の永久機関の完成まで、もう一歩のところまで人類は到達しているのでありましょうか。 [Cat vs mattress/YouTube]The post 足跡の凹みが膨らむ低反発、猫は遊ぶよ永久機関で first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
猫と犬見合って見合って時間いっぱい、わずか1秒で勝負あり
ドアノブを勝手に開けちゃう賢き猫、暖炉を求めて2つの戸を開け
いち早く撫でられたいと顔に出る猫、念願叶って変な寝相に

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「足跡の凹みが膨らむ低反発、猫は遊ぶよ永久機関で