猫に与えてはダメなものを知ってますか?

猫を飼っている人に聞くと、大体の人は

「ネギ!」

と言います。素晴らしいです。猫にネギ、玉ねぎは絶対にNG。長ネギ、玉ねぎ、ニラなどに含まれる成分を食べると、猫の赤血球を破壊して貧血や下痢、血尿、嘔吐、発熱などを起こします。

ハンバーグやシチューなど、玉ねぎが入った食べ物を与えてしまう飼い主さんが時々いますが、これは危険です。

ネギ類、そしてチョコレートは猫にはダメ、というのは有名です。しかし実は猫が大好きな魚類でも危険な食べ物があります。

もしかしてあなたは知らずに与えているのでは?今回は、まさかのコレ!猫に与えてはダメな食べ物をチェックしてみましょう。

 

■魚の干物


どうですか?あげたことのある人、かなりいるのでは?しかし魚の干物は塩分が強すぎるので猫の内臓に負担がかかります。味付けの濃い食べ物を与えすぎると、キャットフードを食べなくなってしまうこともあります。

 

■生卵


卵が好きな猫は割と多めです。卵は加熱して少し与えるのはOK。しかし生の卵白を与えすぎると猫が皮膚炎、結膜炎を引き起こすおそれがあります。

 

■ヒラメなどの生魚


マス、タラ、ニシン、ヒラメ、コイなどの白身系の生魚はビタミンB1を分解して猫が麻痺を起こす恐れがあります。加熱して与えましょう。

 

■イカ、カニなど


イカが大好きな我が家の愛猫。しかしイカ、カニ、エビ、タコ、貝類の生は厳禁。食欲低下、嘔吐、後ろ足の麻痺などが報告されています。加熱しないで与えるのはとても危険です。

 

■レバー


犬には必須のレバー。しかし猫に長期間与えるとカルシウム不足による歩行障害、ビタミンAの過剰摂取による骨の発育異常などを起こします。

 

■煮干し


煮干しは大丈夫、というのは実は間違い。たまにおやつで与えるのは問題ありませんが、毎日与えていると、ミネラル過多で尿石症の原因になると言います。

 

■カツオ節


猫用として売られてることも多いカツオ節。しかしマグネシウムなどの含有量は人用とほとんど変わらないとか。尿石症が心配な飼い主さんは与えない方が良いでしょう。

 

■牛乳


猫の中で、ミルクが大好き、という子もいます。しかし猫には乳糖を分解する酵素がありません。下痢になる可能性があるので、与えない方が安心です。



いかがですか。これは意外かも、というフードをあえて選んでまとめてみました。ここにあげたフードは猫が大好き!という商品もたくさんあったはず。

中でも煮干しをねだる猫はかなりいるはずです。しかし猫の健康を考えると、少しだけ、週に1回程度が安心です。

ネギとチョコレートは猫にNG。でも一番NGなのは生の魚類かもしれませんね。

情報提供元:猫壱
記事名:「猫に魚、実はNG?実は猫に与えてはダメな食べ物を知ってますか?