Q.1925年にアメリカの犬ぞり犬が成し遂げた伝説とは?

雪の中でそりを引く複数の犬

pixabay.com

人や物資をそりに乗せて運ぶ「犬ぞり」と呼ばれる仕事をこなす犬たちがいます。 1925年のアラスカ北部で起きた事象が現在も伝説として語り継がれていますが、それはどんな出来事だったでしょう?

選択肢

1.雪により孤立した集落にいた人たちをそりで運んで助けた 2.遠く離れた集落まで物資を届けた 3.血清を運び当時流行していた感染症の拡大を防いだ

正解は・・・

雪の中でそりを引く犬たち

pixabay.com

答えは、

3.血清を運び当時流行していた感染症の拡大を防いだ

でした!!

解説

1924年にアラスカ北部のノームで「ジフテリア」という感染症が流行し、大量の血清が必要になりました。 1925年の冬、犬ぞりチームでリレー輸送をし、6日でノームに運ぶことに成功しました。

最後の区間を輸送したチームリーダー犬の名前が「バルト」です。バルトの功績が認められ、現在はニューヨークのセントラルパークにバルト銅像があります。

情報提供元:mofmo
記事名:「【伝説の世界の犬クイズ】1925年にアメリカの犬ぞり犬が成し遂げた伝説とは?