近年、ペット禁止のマンションやアパートは少なくありません。ペット可の物件を見つけるほうが難しいのではないでしょうか。

自分の都合にあった立地を探すとなると、余計にペット可物件を契約するのは難しくなります。また、基本的にペット可物件は敷金や礼金が高く、月々の家賃も割高である場合がほとんどです。

そのため、ペット禁止賃貸に住んでいながら隠れてペットを飼育している方ももしかするといるかもしれません。吠える犬を飼うと簡単にバレてしまうけれど、散歩の必要がない静かな猫であればバレないだろうと考えるのです。

しかし、ペット禁止賃貸での隠れ飼育は絶対におすすめできません。今回は、ペット禁止賃貸でペットを飼育しないほうがいい理由を解説していきます。

なんで賃貸物件のほとんどはペット禁止なの?

窓辺の猫

pixabay.com

そもそも、どうしてペット禁止の賃貸物件が多いのでしょうか。大家さんや近隣住民の視点から、納得できる理由をご紹介します。

物件価値の下落

ペットを長年飼育している部屋や建物は、ペットによる傷やニオイで物件価値が下がりやすいという傾向があります。

どんなにきれいにしていても、ペット可物件というだけで買い手がつかなくなることも多いです。そのため、物件を売買したり長く賃貸したいと考えたりする大家さんの多くは、ペット禁止にするのです。

近隣住民とのトラブル

ペット可にしてしまうと、どうしてもペットに関係するトラブルが生じてしまいます。

ペット可賃貸に住む人々はペットに対して寛大な考えをもっていますが、近隣住民が同じように考えてくれるとは限りません。

管理者にクレームが届いたり、そうならないよう余分の掃除や管理が必要になったりします。

原状回復が難しい

賃貸物件では頻繁に入居者が変わります。当然ながらその都度、部屋には清掃業者や修繕業者が入り、原状復帰をしていきます。

ペットを飼育していると、ペットが付けた傷やニオイの分、どうしても原状復帰が難しくなります。壁全体にニオイが染みついてしまうので、場合によっては壁紙を全部変更しなければならない場合もあるのです。

ペット禁止賃貸での飼育がバレるとどうなる?

ベッドでくつろいでいる猫

pixabay.com

ペット禁止賃貸で隠れて飼育すべきでないのは、バレたときのリスクが非常に高いからです。バレたときのデメリットをご紹介します。

ペットを手放すよう要求される

少なくとも、現在飼育しているペットをなんとかするように要求されます。

これはつまり、ペットを手放すように求められるということです。すぐにペットを引き取ってくれる知り合いを探さなければいけません。

飼い主さんにとってペットを手放すという決断は本当につらいものです。何より手放されるペットたちがかわいそうです。

強制退去になってしまう

ペットを手放すことができなければ、そのまま住み続けることができません。飼い主さんは、退去かペットを手放すかの2択を迫られることになるでしょう。

選択の余地があるだけまだマシです。実際は、バレた時点で強制退去が命じられる場合も多いです。

違約金や修繕費が発生する

ペットを飼育しないという契約に違反したわけなので、違約金が生じる可能性は高くなるでしょう。

また、ペットがいた痕跡を無くすためにすぐに部屋の修繕が必要になり、修繕費はすべて飼い主さんもちになってしまいます。場合によっては莫大な金額を請求されることもあるのです。

管理会社・大家さん・近隣住民との関係が悪化する

さらに良くないのは人間関係の悪化です。契約を守らなかったため、管理会社や大家さんからの信頼が失われます。同じ管理会社でブラックリスト入りするおそれもあります。

また、せっかく仲良くなった近隣住民もだます形になるので、そのデメリットは計り知れません。

意外とバレやすい!隠れたペット飼育がバレる理由

鳴き声を上げる猫

pixabay.com

とはいえ「バレなければいい」と考えていませんか?

実は、隠れてペットを飼育したとしても意外と簡単にバレてしまいます。その理由を説明します。

鳴き声・物音

ペットを飼っている以上、絶対に鳴き声や物音が出ます。

飼い主さんが留守にしている時は誰も制御できないので、隣の部屋に聞こえてしまう場合もあります。

ニオイ

実はニオイが一番隠し通せない要素です。

部屋に入らなければ、ニオイを悟らせることはないかもしれません。しかし、部屋の壁紙やエアコンには動物のニオイがしっかりと付いてしまいます。

退出時には清掃業者や修繕業者が部屋を点検しますが、その際に必ず見つかると考えてよいでしょう。プロの目はごまかせません。

アレルギー

近隣住民はペット不可の物件として安心して暮らしています。特定の動物アレルギーを持っている人が隣で生活している可能性もあります。

アレルギーによる体の変化は正直なので、すぐにお隣さんを巻き込んだトラブルへと発展してしまうでしょう。 やはりペット禁止賃貸で隠れて飼育するべきではありません。手間がかかってもペット可物件を探すようにしてください。

情報提供元:mofmo
記事名:「ペット禁止賃貸での飼育は絶対NG!バレると強制退去だけじゃすまない!?