飼い主さんが帰宅すると愛犬が嬉しそうに出迎えてくれます。ほとんどの犬は尻尾を大きく振っているはずです。

犬にとって、尻尾は感情を表現するための大事なポイントです。飼い主さんも愛犬が尻尾を元気に振っている様子を見ると、同じように嬉しくなってしまうのではないでしょうか。

そんなかわいい犬の中に、尻尾を振るというよりお尻を振っている犬たちもいます。一生懸命お尻を振っている姿は、尻尾を振る以上にかわいらしいものです。これを見て、犬のお尻の魅力にはまってしまう飼い主さんも多いようです。

では、犬がお尻を振るのはどうしてでしょうか?お尻を振ってくれる犬の心理や状況、またお尻振りが魅力的な犬種をご紹介します。

犬が尻尾ではなくお尻を振ってしまう心理や状況

お尻を振っている犬

peki_moco/3DAY

犬がお尻を振ってしまう理由には、犬の心理状態が大きく関係してきます。また、特定の状況では感情とは関係なくお尻を振ってしまうこともあります。

お尻が強調されている犬種のため、飼い主さんからすると「お尻を振っているように見える」という場合もあります。

とても嬉しい

犬が尻尾を振るのは基本的に嬉しいときです。

尻尾を振るにはある程度お尻の筋肉も使います。尻尾の振りを大きくしようとすればするほど、お尻もつられて振ってしまいます。

犬がとても嬉しいと思った時には、その気持ちが尻尾とお尻に表れます。尻尾を大きく振るだけでなく、お尻も一緒に大きく振るのです。

愛犬が体全体で喜びを表現する姿を見ると、飼い主さんのほうもきっと同じように嬉しくなってしまいますね。

とても気持ちいい

嬉しい場合と同じで、気持ちいいときにも犬は尻尾を振ります。当然、犬が「とても気持ちいい」と感じたときにはお尻も振ってしまいます。

例えば、暖かくて心地よい場所に到着したときや飼い主さんにマッサージされたときなどは、「気持ちいい」「もっとお願い!」と気持ちよさをお尻でアピールしてくれます。

一緒に遊んでほしい

お尻振りは飼い主さんへのおねだりに利用される場合があります。飼い主さんに一生懸命アピールして、お願いを聞いてほしい時です。

愛犬が近づいてきてお尻を振っているなら、それは遊んで欲しいアピールなので、少しの時間でもおもちゃなどで一緒に遊んであげましょう。

犬は犬同士でもお尻を振り合って相手に関心を示すことがあります。散歩の途中で出会った犬にお尻を振ることもあるはずです。

すごく楽しい

犬は興奮して尻尾を振ることがあります。これまでご紹介した傾向と同じで、その興奮がとても強いものになるとお尻を振るようになります。

例えば、一緒に遊んでいるときにお尻を振ることがあります。これは「とても楽しいよ!」という合図です。

情報提供元:mofmo
記事名:「プリプリ勢いがすごい!尻尾じゃなくてお尻を振っている犬ってどんな特徴がある?