犬とは違い、猫はしっぽを振っているからといって、必ずしも嬉しかったりご機嫌だったりするわけではありません。動物の種類が変われば、感情の表現の仕方も変わります。ですから飼い主さんが、飼育している動物の感情の表し方を学び、それに合わせた対応をすることが求められます。

この記事では、猫がしっぽで返事をする時の心理と、しっぽの動きから分かる猫の気持ちを解説します。

猫がしっぽで返事をする時の心理は?

しっぽで返事をする猫

pixabay.com

基本的に猫は気ままな性格です。それゆえに、テンションが低い時には、たとえ大好きな飼い主さんであろうと、かまってほしくありません。そのような心理状態の時に、しっぽで返事をするといわれていますが、他にもしっぽで返事をするタイミングはいろいろとあります。いくつかのパターンをご紹介します。

嬉しい

飼い主さんが愛猫の名前を呼んだ時にゆっくりとしっぽを振っているなら、それは嬉しく感じている時です。犬がご機嫌の時に激しくしっぽをフリフリさせているのとは違い、猫は嬉しい時にゆっくりと優雅に振ります。

聞こえているよ

猫だって、まったりしている時や眠い時に呼ばれると、返事をするのが面倒に思うことでしょう。それでも、せっかく飼い主さんが呼んでくれているので、無視するのも悪いと感じるのか、ただしっぽを動かすことで返事します。ですから愛猫がゆったりしている時は、何度も呼ばずにそのままそっとして、リラックスさせてあげてください。

飼い主さんを子猫と思っている!?

子猫に呼ばれると、母猫はしっぽで返事をする習性を持っています。それゆえに、飼い主さんを子猫だと思っている場合に、しっぽで返事をすることもあり得ます。飼い主さんが献身的にお世話をしているのに、猫の方は自分が保護していると感じているのかと思うと、なんだかおかしくなってきますね。

情報提供元:mofmo
記事名:「なぜ猫はしっぽだけで返事をする時があるの?その理由が猫らしすぎて可愛い!