猫は、人間の言葉そのものをすべて理解しているというより、飼い主さんの話のトーンやアクセントなどで意味が伝わっているといわれています。しかし、飼い主さんからよく聞く、「だめ」「いいよ」「ごはん」などの短い単語などを覚えて理解している子もいるようです。

その上で、猫は飼い主さんが言っている人間の言葉を覚えて”自分でも話す”ということが可能なのか解説していきます。

猫は鳴いてコミュニケーションを取る?

猫

pixabay.com

基本的に、猫同士では鳴いてコミュニケーションを取ることはありません。あるとしても、子猫が母猫を探している時や発情している時、また威嚇したりしている時ぐらいです。

しかし、人間と暮らしている猫は、鳴いてコミュニケーションを取ることが多いです。猫が人間の言葉を話しているように聞こえるなら、飼い主さんに何かを伝えたいサインと考えられます。

ですが、その場合でも猫は私たちのような言葉ではコミュニケーションを取りません。愛猫から人間の言葉が聞こえたなら、あくまでもそう聞こえたのであって、決して言語を話しているわけではありません。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫がしゃべっている⁈人間の言葉を話すように聞こえる理由を解説