猫は元々砂漠で生息しており、水分は食べ物と一緒に補給していました。ですから、猫の舌は水を飲むのに適していません。犬は舌を丸めてすくって水を飲めますが、猫は舌を丸められず水をすくえません。水の飲むのが下手な子がいる理由はここにあります。

現代では、猫の水分補給は食べ物だけでは不十分です。そのため愛猫には上手に水を飲んでもらえるように工夫する必要があります。

水飲み場を少し変えてみよう

猫

pixabay.com

まずは愛猫に上手に水分補給してもらうために、飲みやすい水飲み場を用意してください。多頭飼いしている場合、猫の大きさによってベストなポジションや好みが異なる場合があります。それぞれの猫に合わせてあげましょう。

高さをつけてあげる

水飲みの容器を床に置いている方は少なくないと思います。実は床置きはあまりおすすめできません。猫の食道は横に真っ直ぐ伸びているため、床の位置だと重力に逆らって水を体内に入れていることになります。少し高い位置にしてください。そうするなら水を飲みやすくなり、水をこぼす量が減ることでしょう。

一方、高すぎる位置でも飲みにくいのでNGです。高さは猫の大きさで変わるので、愛猫にとってベストな高さにしましょう。目安として、首を下げず喉元が詰まらない高さがベストです。水を飲んでいる姿を観察して、もし飲みにくそうであれば高さを変えてくださいね。

容器の大きさや材質をチェックする

ペットショップで売られている猫グッズは、品揃えがよくとても充実しています。それは水飲み用の容器も例外ではありません。大きさや材質もバリエーションがあります。猫は繊細な動物なので、少しでも気に入らないと寄りつかなくなります。

まずは大きさをチェックしましょう。容器が小さいと水を飲んだ時にひげが当たってしまいます。それゆえに飲みづらくなり、こぼしてしまう可能性があります。

材質も大事なポイントです。陶器やステンレス・プラスチックなど様々な素材があります。値段だけ見ると手軽なプラスチックを選びたくなりますよね。しかし、あまりに軽い素材を選ぶと安定性が悪く水飲みが下手になります。

好みは猫によって変わるので、愛猫の好みの素材を探しましょう。

複数箇所に水飲み場を用意する

愛猫がやんちゃな場合、水をひっくり返してしまうかもしれません。一箇所しか水飲み場がないともう水を飲めなくなります。しかし何箇所かに用意するなら、水分補給ができます。

多頭飼いしている場合も気遣いが大切です。中には、他の猫のにおいが付いた水を飲まない猫がいます。すべての愛猫が水を飲んでいるかきちんとチェックしてあげてください。

新鮮な水を用意する

猫も新鮮な水を好みます。しかし、冷たすぎる水は苦手です。ですから、常温の新鮮な水を用意してください。

飼い主さんが水を取り替え忘れて古い水を飲んでしまった経験があるなら、水が嫌いになるかもしれません。嫌々水を飲むようになると、自然と飲み方が下手になります。

どうしても水飲みが上手にならない時の対処方法

ごはんを食べる猫

pixabay.com

水飲み場をアレンジしても飲み方が下手な場合もあるかもしれません。そのような時は発想を少し変えましょう。

水が上手に飲めないと慢性的な脱水症状の危険があります。このような場合は、エサをウェットタイプに変えてください。ドライフードを与えているなら、エサから水分補給ができません。

その点、缶詰などウェットタイプのエサに含まれている水分で、ある程度の水分補給ができます。すべては補えませんが、脱水症状を引き起こしにくくなります。

わざと下手に飲むことがある?

水を見ている猫

pixabay.com

容器や高さを変えても愛猫の水の飲み方が下手なときは、別の理由が考えられます。それは、わざと水を下手に飲んでいるということです。そのような行動をすることには、いくつかの心理的要因が考えられます。

飼い主さんの注意を引きたい

愛猫が水をこぼしたときにオーバーリアクションしたことはありませんか?猫はそのようなリアクションを見て「喜んでいる!」と勘違いする可能性があります。そうなると、飼い主さんを喜ばせたくてあえて水をこぼすかもしれません。

もし、水を上手に飲める時と下手に飲む時の差が著しくある場合には、そのような背景が考えられます。この場合の対処法として、水をこぼしても過剰に反応しないようにしましょう。

水で遊んでいる

基本的に猫は水が苦手です。しかし、中には水で遊ぶのが好きな猫もいます。そのような猫は水を飲んでいるフリして遊んでいるかもしれません。しかし、飲み水と水浴びの水が一緒なのは衛生的によくありません。できればやめさせてください。

まとめ

水を飲んでいる猫

pixabay.com

愛猫の水分補給を管理するのは飼い主さんの責任です。きちんと飲めているかチェックしてください。

飲みやすい環境を整えて脱水症状にならないようにしましょう。夏の暑い時期や冬の乾燥する時期は特に注意が必要です。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫は水の飲み方が下手!?その理由は容器の高さと材質の問題だった!