室内で犬を飼うことが当たり前になってきました。飼い主さんと犬との共同生活で必要なことの一つは、部屋のレイアウトを考えることです。

なぜなら、人間目線だけでなく犬の目線でレイアウトを考えてあげないと、大切な犬が日々ストレスを感じてしまいかねないですし、部屋で犬が怪我をしてしまう恐れもあるからです。

では、犬にとっても快適な部屋のレイアウトのポイントを一つずつ詳しく解説していきます。

おすすめの床の素材

ブルドッグ

pixabay.com

新しい家やマンションなどのほとんどは、床がフローリングになっています。フローリングであればオシャレに見えますし、お掃除も手間がかからないので人気が高いです。

しかし、犬にとっては、床がフローリングだと滑って歩きづらいという懸念があります。床が絨毯などの柔らかい素材であれば、犬が歩いたり走ったり、ジャンプしたりする時でも快適に過ごせますが、フローリングの場合はそうはいきません。

フローリングを犬が走ると爪を地面にしっかり定着させることができず、犬の足に負担を与えてしまいます。また、犬がフローリングを走ったりジャンプしたりした時に足を痛めてしまい、捻挫のような症状が起きてしまう危険もあります。そうならないためにも、部屋の床の素材を考えておくことは大切です。

では、犬におすすめの床の素材をいくつかご紹介します。

カーペット

部屋の床の素材をカーペットにすれば、犬も滑りにくいため安心です。また、カーペットであれば防音効果を期待することもできます。

しかし、カーペットだと「犬の臭いが染みつくのが気になる」という飼い主さんもいらっしゃいます。犬が間違ってカーペットの上でオシッコなど粗相をしてしまった場合、なかなか拭き取るのが難しく、臭いが染み付いてしまうこともあるからです。

もし臭いが気になるなら、部屋全部ではなく、犬の行動範囲内だけカーペットにしてあげることもできます。

クッションフロア

部屋の床の素材をクッションフロアにすることもできます。クッションフロアはビニールの素材のため、カーペットとは異なり床を拭くこともできます。

ですから、犬が間違って床でオシッコをしてしまってもすぐ掃除することができますし、臭いも気になりません。

ペット用のフローリング

部屋の床の素材を通常のフローリングではなく、ペット用のフローリングにすることもできます。

ペット用のフローリングであれば、見た目はフローリングでも素材が滑りにくくなっているため、犬の足に負担をかけることなく安心して走り回ることができます。

部屋の配置は犬の目線で考えよう

犬と家具

pixabay.com

部屋の配置を考える時は人間の目線だけでなく、犬の目線で見ることができます。そうすることで、犬が怪我をしないように家具を配置できるからです。

ついつい見た目を気にして部屋の配置を考えてしまいがちですが、ちょっとした家具の配置で犬にストレスを与えてしまう場合もあります。

飼い主さんや家族が希望する部屋の配置と、犬にとってどうすれば一番良いのかのバランスを考えつつ、部屋の配置をその都度改善していくことができます。

トイレの場所とエサを食べる場所

犬がトイレをする場所と、エサを食べる場所を考えてあげることは大切です。人間も、食事をする部屋とトイレの場所はなるべく近くにしたくありません。それは犬も同様で、トイレをする場所とエサを食べる場所を近くに設置してしまうとストレスになります。

食事をする場所は犬が水やドッグフードをこぼすことがあるので、床が汚れても良いようにマットなどを敷いておくことができます。また、トイレをする場所は犬が排泄しやすいように、飼い主さんや家族がよく通る通路や、物音がうるさい場所は避けるようにします。

ケージを配置する際は、犬が快適に感じる部屋に置くことができます。室内の温度が調節でき、明るくて飼い主さん家族が集まるリビングがオススメです。なぜなら、犬は群れで行動する生き物なので、暗くてひとりきりの場所は寂しく感じるからです。

家具の選び方

家具は長年使用するものなので、飼い主さん好みの素敵な家具を選びたいと考えるものです。しかし、家具を選ぶ際も犬目線で考えておくことは大切です。家具を選ぶ段階から考えておかなければ、購入後に「買わなきゃよかった」と後悔することになりかねません。

まず、家具を選ぶ時は転倒しそうなものは避けます。家具が転倒して犬が怪我をすることのないためです。できれば、家具を壁に固定させるようにします。また、できれば丸みのある家具を選ぶならば、犬が誤ってぶつかってしまったとしても怪我につながりにくくなります。

ソファーを選ぶ時は犬の匂いや汚すことなども考えて、防水加工されているものを選ぶようにします。そうすれば、犬にとっても、飼い主さんや家族にとっても快適な部屋で生活を共にすることができます。

壁紙の選び方

部屋の壁紙は素敵な柄をつけるなど、飼い主さんの好みに合ったものを選びたくなるかもしれません。しかし、犬は壁を引っ掻くことがよくあるため、飼い主さん好みの素敵な壁もあっという間にボロボロになる可能性があります。

そうならないために、壁の半分下だけ傷つきにくい素材にするか、すぐに張り替えることができる素材の壁紙にしておくことができます。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬にとって快適な部屋ってどんな部屋?レイアウトのポイントを解説!