ミニチュアブルテリアの平均寿命は?

ミニチュアブルテリア

otsphoto/shutterstock.com

ミニチュアブルテリアの寿命の平均は、11年から14年といわれています。これは小型犬としては平均的な寿命です。

犬は人間の約5倍のスピードで歳を重ねていくといわれているので、飼い主さんと充実した時間を過ごすことがとても大切です。

ミニチュアブルテリアの健康を維持する方法

個体によって寿命は異なりますが、健康を維持するためには飼育方法や環境を整えることが大切です。これから、ミニチュアブルテリアの健康を維持する3つのポイントを解説します。

食事

これは人間も同じですが、栄養がありバランスの取れた食事を与えることを心掛けることは健康に繋がります。

市販のフードも、年齢や犬種に合わせた栄養価の高いものが販売されています。飼い主さんが食事の管理をきちんとすることでが愛犬の健康に直結してくるのです。

運動

適度な運動はどんな動物の健康にも役立ちます。これはミニチュアブルテリアも例外ではありません。

ミニチュアブルテリアは小型犬のわりにはしっかりとした体系が特徴なので、お散歩の時間は少し長めがいいでしょう。散歩の目安は1日30分から1時間です。きちんと運動することで筋肉も強くなり、長期間元気でいることができます。

ストレスの軽減

ストレスが多い生活をしていると、心身ともに疲れて気力もなくなってしまいます。これはミニチュアブルテリアも同じです。狭い空間にずっと閉じ込められていたり、飼い主に構ってもらえなかったりするとストレスを抱えてしまいます。

健康維持の為にも、ストレスをなるべく感じない環境を整えてあげましょう。

飼育する時の注意点

ミニチュアブルテリア

Jne Valokuvaus/shutterstock.com

ミニチュアブルテリアはアレルギーになりやすい犬種といわれています。このアレルギーが原因で、ストレスを抱えてしまうことがあります。毎回のシャンプーやお手入れの時には、肌や毛の状態を念入りにチェックしてあげてください。

また、アレルギーは食べ物でも発症することがあります。どんな食べ物を与えた時に症状が出たかをチェックして、アレルギーの出ない食べ物を与えるようにしましょう。必要な栄養は年齢によって変化します。年齢に合わせてフードを変更していくことも大切です。このような細かいケアが、ミニチュアブルテリアの健康を維持することに繋がっていくのです。

老化によって生じる変化

歳を取ってくるとまず外見が変わってきます。特に、ミニチュアブルテリアは短毛の犬種なので、年齢を重ねていくにつれて、地肌が目立ってくるでしょう。これは、年齢と共に抜け毛が増えるからです。

剥き出しの地肌は保護するものがなく傷つきやすいので、お散歩の時などは服を着せるなど、怪我しないように注意してあげてください。

他にも、肌がたるんだり目ヤニが出やすくなったりします。目ヤニは放置すると目の病気の原因になるので、定期的に取ってあげましょう。このような日頃からのケアが、健康を維持する秘訣です。

ミニチュアブルテリアも歳を取ると食欲が落ちてきます。これは、年齢に伴い運動量が減ることで、消費カロリーも少しづつ減っていくからです。

また、消化器官も衰えたり歯も老化したりするので、食べることが難しくなってきます。でも、食べないと十分な栄養を取ることができないので、免疫が落ちてしまい病気にかかるリスクが高まります。ゆえに、栄養がきちんと取れるように食事を工夫することが大切です。

予防は寿命を伸ばす一番の秘訣

ミニチュアブルテリア

Radomir Rezny/shutterstock.com

ミニチュアブルテリアだけでなく、すべての犬は病気にかかると寿命は縮まるリスクが高まります。このことから、若いうちから定期的に健康診断を受けさせることは大切だといえます。

健康診断は病気を予防するだけではなく、病気の早期発見につながります。早く病気を見つければ見つけるほど、完治する可能性は高いです。日頃から愛犬の健康状態を気にかけて、それぞれにあったケアをしてあげてください。

情報提供元:mofmo
記事名:「ミニチュアブルテリアの寿命はどれくらい?寿命を縮める原因と少しでも健康を維持する方法を解説!