中村幸也

最近ではYouTuberがYouTube以外の様々な場で活躍するようになってきました。テレビにYouTuberが出演することも多くなってきていますよね。しかし、不登校YouTuberとして知られる「ゆたぼん」の父親である中村幸也氏が次期衆院選挙に立候補することが明らかになり衝撃を受ける人が多く現れています。正確には中村幸也氏はYouTuberではありませんが、最近ではひろゆき氏とのやり取りも話題になっており注目を集めている人物です。

YouTuberゆたぼんの父、中村幸也氏が衆院選出馬へ

冒頭で触れたようにYouTuberゆたぼんの父親である中村幸也氏が時期衆院選に出馬することが明らかになりました。

「なぜ立候補したの?」ときっかけや理由の面が気になる人も多いかと思いますが記事によりますと

出馬の話は先月、中村氏とひろゆき氏との論争が過熱していた時だ。〝論破王〟といわれるひろゆき氏を相手に一歩も引かずに張り合う中村氏を見たNHK党の立花孝志党首(53)が立候補を打診していた。

とのことで、ひろゆき氏との論争で関心を持ったNHK党から打診があったようですね。

併せて取材に対して

「日本では学校に行けるなら行けよという空気があり、行かないという選択が認められないのは違うかと。行かない子は行かない子なりに学べる環境を整えていくことも大事。学校に行かない選択を持つ子供の親として、メッセージを伝えつつ、多様な学びの機会を得られる国づくりができれば」と話した。

引用:東スポ

上記のように話したとのことで、やはり教育やそれに関連する環境といった部分に重きを置いているようです。

なお同氏は現在沖縄在住とのことで、選挙区に関しては今後調整を行っていくとのことです。併せて党名に関しても現時点では未定となっています。

「悪夢」「ゆたぼんパパには興味ない」など辛辣な意見が続出

この発表に対してネット上では厳しい意見が殺到しています。

ネット上では「関心を持っているのはゆたぼんがこの先どうなるか、であってゆたぼんパパには微塵も興味ない」「ゆたぼんのパパをN国立花が後押しして衆院選出馬という悪夢のような文字列が飛び込んできた」「教育を受ける、受けさせる義務を放棄した人間にはそれなりの報いがあるべき」といった厳しい意見が多く見られます。

他にも「不登校の子のための整備というの構わないが人がなぁ…。立候補を推薦したきっかけも疑問」「同氏の主張が広まれば、心身の不調で学校に行きたくても行けない子どもがズル休みのように思われてしまう。本当に怖い」といった様々な事情を抱える不登校児童への影響を懸念する声も少なくありません。

今回の立候補がどのようになっていくのかわかりませんが、事は容易には進まないように感じられます。

YouTuberではこんな話題もありました。

source:東スポ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「YouTuberゆたぼんの父親・中村幸也氏が衆院選出馬へ、ネット上は批判殺到