image:秒刊SUNDAY

独特の世界観をもち、若手実力派俳優として名前が上がらないことが無い山田孝之(37歳)。
数多い俳優の中でも、彼はデビューしてから着実に演技力と人間力が増している一人だと言っても過言では無いだろう。
そんな多大な影響力を持つ山田孝之がコロナ禍で社会が揺れ動く中、「農業を始める」と言うのだから驚きを隠せない。しかも、協力メンバーを期間限定(7月25日迄)で「一般公募」しているとなるとファンにはビックニュースだ。

俳優から農家へ転身!?

source:「原点回帰」公式webサイト

若い時からどんな役でもこなし、カメレオン俳優とも言われて、抜群の演技力で今もなお映画やドラマに引っ張りだこの俳優の山田孝之。彼がついに農業を始めたと言うのはご存知だろうか?

プロジェクト名は「原点回帰」

image:Pixabay

以下はサイトのトップに書かれた山田孝之のメッセージの一部である。

原点に帰る

私たちの暮らしは先人たちの知恵や努力によって『超便利』になリました。

しかし便利になったことと引き換えに、 失ってしまったものも多いのではないでしょうか。

『原点回帰』という言葉があります。

「原点」には、物事を考えるときの出発点という意味があり、
「回帰」は、一回りして元のところに戻ることを意味するとあります。

そろそろ、そんな時が来たのではないでしょうか。

一分一秒でも早くメッセージを送る必要が本当にあるのか。
24時間食べなくても生きていけるのに24時間食品を作り続ける必要があるのか。
一つの情報を得るために何倍もの不必要な情報まで受け取る必要があるのか。

必要な距離感と、必要な食べ物と、必要な情報。

人のペースではなく、地球のペースと生きてゆく。

そのために、みんなで学び、みんなで考え、そして実践してゆく、
そんな場所を作りたいと思いました。

山田孝之

プロジェクトの目標は島探し!?

「原点回帰の目標は、理想の島を探すこと。

その島で100%自給自足の生活を送れるようになること。

そのためには、食料も家畜も自分たちで育てなければならないし、

エネルギーだって自分たちで造り出さなければならない。

長い道のりだけど、ここで一緒に学び創り上げていきたいです。」

なんだか相当大きなプロジェクトのようだ。
彼の今までの活動は理解に困る物も数多かったが、今回こそ「ついにキタ」と思われたファンの方もいるだろう。

内容や応募条件は?農業だけやるの?

image:Pixabay

原点回帰のプロジェクトでは自然だけでなくアートの活動も行うようだ。
大きく分けて「自然農畑を作ろう」「アーティスト発掘プロジェクト」となっているが現時点での詳細は不明である。

「山梨県の「原点回帰」専用農地に集まって、学んだことを実践します。
オンラインだけの参加でも楽しめる活動内容になっています。」とあり、

◆開催は毎月2~3回。
オンライン:毎月2回
オフライン:山梨県の専用農場にて(自家用車で来られる方に限る)

◆会員になって月額1万1千円でできること

・『原点回帰』専用畑で、自然農法栽培プロジェクトに参加できる。
・自然農法の知識を得る事ができる。
・芸術の造詣を深めることができる。
・『原点回帰』の仲間と、オン・オフラインで繋がれることができる。
・原点回帰が作る島に、入島することが出来る権利が得られる。
・生き抜く力を身につけることができる。

→最後の項目については書いた人がヤケクソではないかとも思える。

◆応募スケジュール(公式サイトからWEB申込)
募集期間:2021年7月16日(金)~7月25日(日)
選考結果通知:7月28日(水)
オンラインオリエンテーション:8月4日(水)

オンラインオリエンテーションはもちろん会員に選ばれた人のみ参加ができるのだろう。
これだけの壮大なプランなのだから、事前にオリエンテーションしないのかな?とも思った。

事前登録フォームに行くと、いきなりのクレジットカード確認!
クレジットカードのない人は応募できないようになっているので注意が必要だ。

書類審査もあるがどんな人は受かりやすい?

image:Pixabay

以下もサイトに記載されている内容だが、さすがカメレオン俳優すぎる。

・農業、林業、漁業などに興味がある人、経験がある人
・アートが好きな人、興味がある人
・料理、食事が好きな人
・海苔が好きな人
・テキーラが嫌いな人
・UFOが寄ってくる人
・語り合う仲間を探している人
・無心になれる時間を求めている人

→こちらについてもほとんどの項目についてがヤケクソかもしれない。海苔?テキーラ?UFOが寄ってくるに至っては自己申告制かUFOが来たことを証明する必要があるのか否かも不明だ。

既に配信開始されているコラボ動画に出演「吉田俊道」さんとは?

吉田さんは九州大学農学部大学院修士課程修了後、農業改良普及員として長崎県庁に就職され有機農業に参入された方。 99年から「 NPO法人 大地といのちの会」理事長として、「生ごみリサイクル菌ちゃん野菜作り」と「元気人間作り」を全国に普及している。生ゴミ先生として書籍も出される原点回帰の畑には無くてはならない方のようだ。

コラボ動画に出演「野口勲」さんとは?

「野口のタネ」で有名な、日本の大手種苗会社の代表である。この辺りのチョイスは農業を学ぼうとするガチ感を感じる!
野口さんは日本と海外の種苗問題について多くを知っている存在であり、日本独自の種についての書籍も出されている。
今の日本の政治家が学べきことが多そうな方だ。

要するに山田孝之オンラインサロン

image:Pixabay

以上から堀江貴文:通称ホリエモンがやり一時期話題になっていたり、西野亮廣がやっているオンラインサロン的なイメージでほぼ間違いなさそうである。
毎月の会費を払ってプロジェクトの手伝いをし、その中でさらに新しいビジネスへと発展させる。
山田孝之と言えば一緒にやりたいメンバーは全国から確実に集まるだろう。炎上しないように気をつけてもらいたい。

しかし、今回、農業に打って出るとは意外だった。ある程度の年齢になってから畑を持つような芸能人はありそうだが、山田孝之は現在40歳にも満たない。俳優業一本でも忙しさも収入面も十分あると思われるが、きっかけはなんだったのか。友人だった俳優の三浦春馬が昨年に急死しており、その辺りも原点回帰を目指すきっかけになったのかもしれない。

常に演じることに直向きな山田孝之のイメージからも、お金をとって「後は自発的に〜」と言うスタイルのオンラインサロンにはなって欲しくない。サイトを見る限り、環境を支えるサポーターはしっかりしているようだが、農業と簡単に言っても成功するにはそれなりの継続的努力が必須だ。果たして資金と仲間を募って勝算はあるのか?山田孝之の原点とはどこまで行くことなのか、これからが楽しみである。

山田孝之プロフィール

1983年10月20日生まれ A型
映画『電車男』のオタク系から『クローズZERO』シリーズのカッコイイ系、『闇金ウシジマくん』シリーズの裏社会の人間まで幅広く演じる日本の俳優。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ファン歓喜!山田孝之と農業できる権利が月1万1千円!山梨県に行くかオンライン参加か選べる