今や女子アナといえば「水卜麻美」「弘中綾香」「新井恵理那」など、数々の人気女子アナが登場しております。かつて女子アナといえば、報道をしっかり伝えるアナウンサーというポジションだった。しかし、最近では「見栄え」がいかに美しいか、という点も大事なポイントとして、本来の軸とは別のベクトルの才能を磨かなければなりません。そんな中、こちらの女子アナは、当時非常に人気でありました。

内田恭子といえば

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyoko Uchida(@kyoko.uchida.official)がシェアした投稿


内田恭子といえば、フジテレビの女子アナ。

「ウッチー」の愛称で親しまれており、人気の高い女子アナでした。

2006年には、ダウンタウン・浜田雅功の元マネージャー「木本公敏」と婚約。同年3月31日にフジテレビを退職している。

その後、SMA所属となり、フリアナウンサーとして現在活躍しております。

癒やし系の女子アナは今や数多くいるが、2000年代では彼女一強だった。

そんな彼女の現在は、ある意味衝撃的です。当時の男性ファンはある意味見ないほうが良い。

44歳となった最近の彼女の様子がこちら。

最近の内田恭子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyoko Uchida(@kyoko.uchida.official)がシェアした投稿


美しい。そして、息子とラブラブの様子。

結婚し、2010年4月12日に第1子を出産、2012年8月には、第2子の妊娠をしている。

結婚すれば当然…それは分かっているが、彼女はもはや国民のものではなく木本家のものとなった。

とはいえ、テレビにまだまだ出演している彼女。

今後の活躍を見守りたい。

生年月日 1976年6月9日
生誕地 ドイツ デュッセルドルフ
出身地 横浜市/アメリカ・シカゴ
身長 163cm
血液型 A型
特技 読み聞かせ
趣味 茶道・料理・読書・テニス・海外ドラマ

Source:SMA

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「元フジ癒やし系アナ「内田恭子(44)」の現在が衝撃的過ぎると話題に