飯塚幸三

近年、社会的に大きな問題となっているのが高齢者の運転による事故によるものではないでしょうか。中でも池袋で2019年4月に発生した暴走事故は2名の死亡、9人が重軽傷を負ったという被害の大きさもあり非常に大きな関心を集めていました。その池袋暴走事故に関して飯塚幸三被告の被告人質問が行われましたが、発言内容に対して「酷すぎる」と大炎上する事態となっています。

池袋暴走事故、初の被告人質問が行われる

2019年4月に発生した池袋暴走事故に関する27日の公判で、旧通産省工業技術院の元院長である飯塚幸三被告(89)に初めての被告人質問が行われました。

アクセルを踏んでいないのに加速した。車が制御できず恐ろしく感じ、パニック状態になった」と述べ、自身に過失はないとの認識を示した

アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性がないかと何度も問われたが、しっかりとした口調で「間違えた記憶は一切ない」と否定した。

引用:共同通信

問題の事故発生時の質問に対して、上記のように答えたとのことです。

自らの過失でなく車のトラブルが原因と訴える被告に、傍聴した遺族は公判後「真実を述べてくれると思ったのに……。荒唐無稽な主張だった。事故の後、一番絶望を感じた」

引用:朝日新聞

上記の被告人質問に関して、朝日新聞からは上記のように遺族が強いショックを受けていることも報じられています。

「矛盾してる」「人死なせてることわかってるのか」と大炎上へ

この被告人質問に関して、ネット上で批判が殺到し大炎上する事態となっています。

「被告人の言い分を認めるなら天文学的な確率になるけど」「パニックになっていたのに踏み間違いはないって断言できるのはなんで?」といった質問への回答に関する指摘も多く寄せられています。

他にも「反省の色無い。早く刑務所に入れろ」「死傷者11人ってこと理解してるのか」「未だに自分は悪くないと言うのはやめろ」「人命よりフレンチ優先するくらいだからな」といった憤りが感じられるコメントが多数となっています。

また「ただの職質でも常人は疲れるのに被告は凄い元気そうだけど、人殺しには優しいのかな」「ランクで罪の重さを変えられたら堪らないです」といった質問の回答とは異なる部分からの指摘も少なくありません。

多くの人が注目する本件。最終的にどのような判断が下されるのか、今後の動きにも関心が寄せられることとなりそうです。

関連する出来事ではこんな話題もありました。

source: 共同通信  ,  朝日新聞

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「池袋暴走事故の飯塚幸三被告、上級国民過ぎる発言で大炎上