image:Pixabay

匿名の投稿も多いSNSで、予言や予知情報を発信する人は少なからずいるだろう。注目を集める為に過激な情報を出す人もいれば、注意喚起を促す意味で発信する人もいる。今回投稿されたビデオは自分はタイムトラベラーだとする男性が「地球が3日間の大停電になる」と主張。停電時の対処法なども指南し、何やら穏やかでは無い様子。

TikTokのビデオで話題

自称2582年から来たとするタイムトラベラーがTikTokにアップした映像は、地球が3日間の停電に陥ったときに「ピラミッドからの光を見上げないでください」と警告している。

デイリースターオンラインによると、3日間の停電が5年後に地球に混乱を引き起こすと主張するビデオは425,000人以上のユーザーによって見られたとし、今も再生回数は伸びている。

なぜ停電が起こるのかは謎のまま

image:Pixabay

「2026年6月6日の協定世界時00時から、地球は3日間の暗闇に入ります。」と恐ろしい予言とともに動画は進むが、停電が起こる理由などの一番肝心な部分は語られず、動画を見た人々の想像力はますます掻き立てられていく。

ポイントはピラミッド!?

image:Pixabay

ビデオは次のように付け加えている。

「それらを見ないでください。」
「ピラミッドから来る光を見上げて空を見上げないでください。」
「ろうそく以外の人工照明は使用しないでください。」

全くどうして良いのか分からないヒントばかりだ...。
未来人のルールとして「未来が変わるようなことに干渉してはいけない」という事を聞いたことがあるが、それにしてもピラミッドからの光?照明をつけてはいけない?などなぜそうしなければいけないのか今の私達の常識だけでは理解が難しすぎる。

様々なコメントが寄せられる

image:Pixabay

今回のビデオに対して、ある視聴者は未来人に同調するコメントを書いた。
また別の人は「私は暗闇が怖い。テレビや電話を使用できますか?」とコメントした。
既に停電する説を信じているのである。

もちろんデマだとするコメントもあり「それは本物ではない。未来から来たと主張するデマによって作られるソーシャルメディアアカウントが増えています。」など、本気で議論して良いかも分からないが、未来人の動画や情報が人々の興味を引いたのは間違いない。

日本のSNSにも未来人は登場しまくっている!?

日本ではこのような情報発信や情報に対する議論はどうなのだろうか?
2チャンネルに始まりTwitterなどのSNSに未来人が登場することも実は多いようだ。

2020年にtwitterに現れた「技術2227」は新型コロナウィルスや緊急事態宣言の予言を的中させたと話題になったこともなった。もちろん本人の特定はできず、次の投稿はいつになるのかも謎のままだが、その発信する情報が非常に興味深いことに間違いはない。

私たちが生きているうちにタイムトラベル技術が確立されたとして、過去の人間のために自分の知識を伝えたくなる気持ちは分かる。今回の未来人の真相は分からないが、停電は3日間という限られた日数であることからも、最低限の備えをしておくという危機管理意識の向上になるのはありがたい。

未来人の予言といえば、以前「平成」の後の元号を発表して見事に地雷を踏んだことも記憶に新しい。この手の眉唾ものの情報は鵜呑みにしないよう気をつけていきたい。

Source :Mirror Weird News

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「2582年からのタイムトラベラー「3日間の停電になる」と警告、その鍵は…