image:pixabay

芸能界というものは、我々一般人の世界とは異なり、かなり闇の深い世界なのかもしれない。もちろんそれは承知の上で入るという方も多いのかもしれないが、知らず知らずのうちに足を突っ込み、出るに出られないという悪循環を生むというケースは多々あるようです。そんな中、マリエさんの告発について、時事ネタに詳しいタレント「フィフィ」や「たかまつなな」さんが持論を展開しております。

マリエさんの告発内容

さて問題となっているモデル「マリエ」さんの枕営業の告発はまず、彼女のインスタライブにて行われ、その後YouTubeなどで複製動画が拡散、その状況を一部メディアが取り上げている。

彼女の発言内容によると、島田紳助さんからの枕営業の誘いがあるも断った。という内容。もちろんこの内容に関しては、真実が不明で、あくまで彼女の発言であり、実際のところは確認のしようがなく、万が一これが嘘であった場合、彼女は名誉毀損等で訴えられてもおかしくない。

もちろん、イタズラ等ではなく、それを覚悟の上での告発となっているはずである。

そんな中その「枕営業」に関する話がタレントからも続々と情報が上がってきており、時事ネタに詳しい「フィフィ」や「たかまつなな」さんも本件に関してツイートしている。

フィフィ「コメントを出すのは危険」

時事ネタに詳しいフィフィさんににると、本件に関し「事件化されてからではないと、コメントできない」と、発言。詳しいコメントや意見は控えるという静観スタンスであるものの「マスコミは同反応するのか興味深い」と意味深かつ、闇の深いコメントをしている。

「たかまつなな」枕営業はよく聞く

また、たかまつななさんいわく「枕営業の話は聞く」。という。しかし彼女もそのような現場からは距離をおいていることを告発。それに加え「#マリエさんに連帯します」というハッシュタグで拡散を呼びかけている。

このように昨今の「パワハラ」「セクハラ」問題によるハラスメント問題および「#MeToo」などの影響で、次第にSNSで同じような被害を受けたと告発するタレントが今後増えていくのかもしれない。

今後それにより芸能界は大きく様変わりしていくのかもしれないが、このような問題はあくまで水面下で我々が気づかないところで行われているはずだ。

また本件とは別だが、昨年には「はるかぜちゃん」こと春名風花さんも「枕営業」に関して独自の見解を述べている。

あまり表にはでてこないものの、薄々業界内にそのような慣習が存在するようだ。

はたして今回のマリエさんの告発は、芸能界の悪しき習慣の根底を覆すことができるのだろうか。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「フィフィ、マリエの「枕営業問題」に関し衝撃的な発言、闇が深いと話題