image:秒刊SUNDAY

日本食といえば上位に連想されるのは『寿司』だろう。寿司が一般的に手軽に楽しめるように進化したのが回転寿司。現在は有名チェーン店がどの駅にも必ず店舗を構えている寿司業界。そんな日本には切っても切り離せないものだが、中でも売上上位に君臨する人気回転寿司チェーン店のスシローが2021年3月31日にタイに1号店をオープンさせた。

今なぜこんなにも話題に?タイの店舗規模は日本国内を含めて全世界No.1

スシローはタイの首都バンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド(CW)」の7階に、約800平方メートル、350席を確保した店舗をオープンさせた。スシローの海外店舗数は3月31日時点で台湾や韓国、香港、シンガポールなどを含め計44店となっており、その中でも日本国内を含むスシロー全店舗中、今回のタイ1号店は世界最大規模となり話題となっている。

気になるメニューやお値段は?

image:秒刊SUNDAY

メニューは100種類以上を用意しており、1皿当たり40~120バーツ(約141~424円)に価格設定している。生サーモンのにぎりが2貫で40バーツ、ハマチが同60バーツ、中トロが1貫で80バーツ、マグロ3貫盛り合わせが120バーツなどとなっている。

また1号店のオープニングキャンペーンとして4月30日まで大トロのにぎりを40バーツ(キャンペーン終了後の価格は120バーツ)で提供するとされ、日本同様に今後も月ごとに新メニューを発表し消費者に飽きさせない工夫をこらす。

日本式にこだわり「いらっしゃいませ!」でお出迎え

海外出店と言っても、多くの日本の飲食企業が現地の舌に合うように工夫を凝らす中、スシローは味も日本で提供される物と同様の物にこだわり、システムだけでなく店舗内装はもちろんのこと、入り口でお出迎えする従業員は「いらっしゃいませ!」と笑顔で接客するというから驚きである。

このコロナ禍で味わえなかった旅行先の味や感覚を擬似体験できる空間こそが美味しく寿司を味合わえるスパイスになっているのかもしれない。

早速初日に行こうとした現地日本人。長蛇の列で数時間待ち!?予約アプリが使えず瀕死か?

タイでも日本同様に導入されているのが、専用のスマートフォンアプリである。
事前にダウンロードして、来店予約をし、スムーズに入店することが可能となる。この作業をしなければ店頭の発券機にて整理券を受け取ってからの待ち時間が長い上、アプリ予約の客がさっさと着席して食べ始めるのを眺めることになるのだ。

筆者にはタイ在住の友人や仕事関係の知人もいるが、彼らの多くはタイ語をある程度は聞けて話せても、文字を読めない人が多い。そんな中、アプリがタイ語のみに対応で慌てるTwitter民も多い様子!

予約できた人々は現地のタイ人の協力を得ていた!

そんな中、無事に予約アプリから予約できた!という投稿が日本語で見受けられた。
しかし、そんな彼らの共通は「タイ人に助けてもらって」という内容が多い。結局は現地でスシローの予約をするためには、予約アプリを使う際に、自力で翻訳する必要があるようだ。

挨拶に始まり、店舗内装や商品そのものにも日本のやり方をそのままタイに持ち込む形にこだわったらしいが、アプリ迄は日本語対応せずだった。日本人が話題性でスシローに寿司を食べに行こうとしても、なかなか自国の食事にありつけないとは何とも滑稽である。

ただ、新型コロナウィルスによって海外旅行が難しい中、日本料理のファンを増やせることの素晴らしさ。大手資本だからこそできる、このような活動で日本に興味がある外国人を増やすきっかけになって欲しい。

海外のアプリといえば先日話題になったのがこちら!
宅配アプリでマクドナルド注文するも、何故か途中でキャンセルされ食べられる、犯人は・・・

source: NNA ASIA /ANN NEWS

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「スシローがタイに最大規模の店舗を出店!予約アプリで現地の日本人が寿司にありつけない事態に