image:秒刊SUNDAY

ペヤングといえば「ソースやきそば」を知らない方はいらっしゃらないと思いますが、最近では毎月のように新しい「フレーバー」で新境地を開こうとされている気がします。そんな中、ついに「蕎麦」を模した商品が出てきました!焼いてもいないし蕎麦でもないものが「カップやきそば」なのですが、今回は「なんちゃって蕎麦」と「蕎麦」を比較してみます。

ペヤングやきそば「なんちゃって蕎麦風」が人気に

そば粉を使っていない「なんちゃって蕎麦風」があのペヤングから爆誕!そばアレルギーをお持ちの方でも安心して食べられるのがウリだと思うのですが、その辺のめちゃくちゃ安い蕎麦とか「そば粉」なんてほとんど入っ・・・まあその辺も含めて比較していきます。

ペヤングやきそば「なんちゃって蕎麦風」を実食

とりあえず「普通の食べ方」で食べてみます。そば粉不使用「0%」がデカデカと見えるところにプリントされています。

image:秒刊SUNDAY

当然ですが、原材料表示を見ても「そば粉」の記載は一切ございません。

image:秒刊SUNDAY

お湯を入れてみると、なんとなく麺の色が「蕎麦」っぽくなっています。間違って後入れの乾燥ネギを、ちょっとだけ入れてしまいました・・・

image:秒刊SUNDAY

3分待って甘じょっぱい醤油ベースのソース、そして残った乾燥ネギと揚げ玉のふりかけをかければ完成。味は蕎麦と言われれば・・・ソース焼きそばのソースを醤油味にしただけのような気がしないでもありません。そのまま食べると、さして「蕎麦感」はありませんでした。

image:秒刊SUNDAY

「なんちゃって蕎麦」と「激安38円蕎麦」をめんつゆでいただきます

蕎麦と言えば、やっぱりざるそば!「なんちゃって蕎麦」と「激安蕎麦」をさるそばにしてみることに。準備したのはコスパ最強の38円蕎麦。「10割そば」も考えたのですが、どう考えても比較にならないと思いこちらになりました。

image:秒刊SUNDAY

原材料表示を見ると「そば粉」が使われているのが確認できました。おそらく価格の問題で、入っている量はほんの少しだとは思いますけどね。

image:秒刊SUNDAY

先程「なんちゃって蕎麦」を半分食べているので、どちらも半分ずつ「ざる蕎麦」にします。

image:秒刊SUNDAY

完成でーす!並べてみるとやっぱり違いがありますね・・・なんちゃって蕎麦の方は、蕎麦としてみるとちょっと細いかも。(どちらも市販の半分の量になっています)

image:秒刊SUNDAY

激安38円蕎麦をいっただきま~す!・・・これは普通に「ざるそば」です!パッケージに書いてあるとおり喉越し滑らかで、若干ですが蕎麦の香りも感じられます。現在「そばの名産地」に住んでいる筆者、ある程度は蕎麦の味もわかりますからね。これが38円・・・上記の量なら19円とは恐ろしいほどのコスパです。

image:秒刊SUNDAY

続いてペヤング「なんちゃって蕎麦」をいただきます!・・・うっひゃぁ!これ、蕎麦だ、蕎麦!!食感はいつもの「ソースやきそば」の麺なのですが、これは蕎麦と言っても通用します!!

image:秒刊SUNDAY

最後にこんなことを言うと元も子もないのですが「なんちゃって蕎麦」は蕎麦の代わりになることはありません。なぜなら、お値段1/3の蕎麦と比較して値段も味もメリットがないので・・・ただし、そば粉0%なので「そばアレルギー」の方ならアリかも。味は「それなり」という正直な感想で終わります、ごちそうさまでした!

「ペヤングソースやきそば」を簡単に美味しく食べる方法はこちら。食べた後の「歯」には十分注意しましょう。

source:まるか食品

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ペヤングやきそば”なんちゃって蕎麦風”と38円の激安蕎麦を比較してみたら驚愕の結果に