image:秒刊SUNDAY

最近のコンビニ飯って安いし簡単だし美味しいし、国民になくてはならない存在になりつつあるのではないでしょうか。新型コロナウィルスの影響で気軽に外食することもままなりませんが、コンビニ飯で一人家で晩酌!というのもブームですよね。そんな中、セブンイレブンのペペロンチーノと牛塩ホルモン炒めを合体させてアレンジしたところ、悪魔的うまさと話題になっていたので早速試してみることにしました!

セブンのペペロンチーノと牛塩ホルモン合体させると悪魔的うまさに

レンジでチンするだけの冷凍食品は、コンビニでも最近たくさん販売されていますね。

企業努力の塊の存在な冷食なのでそのまま食べてももちろん美味しいのですが、二つの別々の商品を合体させてしまうという悪魔のような所業をしてしまったというツイートが話題になっていました。

ペペロンチーノスパゲッティと牛塩ホルモン炒め。

普通の人ならこれを合体させようだなんて発想はみじんもないと思いますが、これを合体させてしまった方がいました。

しかも旨いらしい・・・。

チンして混ぜるだけなら簡単だし、早速作ってみることにしました。

image:秒刊SUNDAY

牛ホルモンが500wで3分、ペペロンチーノが5分。

image:秒刊SUNDAY

別々にチンしたほうがいいんだと思いますが、面倒くさいのでまとめて入れて8分間チンすることにしました。

image:秒刊SUNDAY

ペペロンチーノに、

image:秒刊SUNDAY

牛ホルモンをドーン!!

image:秒刊SUNDAY

ヤバい、ペペロンチーノのピリ辛に牛ホルモンの油が見事すぎる。これは酒が進むやつだ。

これ考えた人天才。いや悪魔か?

ついでに、少し前に流行ったセブンのフライドポテトとアンチョビキャベツの元の悪魔的合体もうまいと話題になっていたので、こちらも作ってみることにしました。

セブンイレブンのフライドポテトとアンチョビキャベツの元の合体も悪魔的うまさ

セブンイレブンで購入できる冷凍のフライドポテトとガーリック風味アンチョビキャベツの素を合体させると悪魔的うまさになるようです。

image:秒刊SUNDAY

という事で早速二つを用意・・・。

image:秒刊SUNDAY

間違えて購入してしまったー!!

本来であればガーリック風味アンチョビキャベツの素を購入する予定が、うま塩キャベツの素を購入してしまうという大失態!

いや、意外とこれはこれでイケるかもしれない。

image:秒刊SUNDAY

ポテトをレンチンした後にうま塩キャベツの素を入れてシャカシャカ。

image:秒刊SUNDAY

・・・悪魔的ウマさやん。

アンチョビだったらワインしか合わなそうなところ、うま塩キャベツの素を合体させたことでビールやハイボール、ストロング缶に合う最上級のおつまみフライドポテトが爆誕してしまいました。

セブンイレブンで最強のせんべろメニューが完成してしまった

image:秒刊SUNDAY

1,000円程でべろべろに酔ってしまう、せんべろ居酒屋に行くことも最近ははばかられますが、セブンイレブンの悪魔的合体レシピでコンビニせんべろが楽しめちゃいました。

ペペロンチーノスパゲッティ 238円
牛塩ホルモン炒め 398円
フライドポテト 128円
うま塩キャベツの素 108円
こだわり酒場レモンサワー男前500 192円

合計1,151円と、千円ちょっとで自宅で悪魔的ウマさのせんべろメニューが爆誕です。

image:秒刊SUNDAY

セブンのペペロンチーノと牛塩ホルモン炒め、おいしすぎて箸が止まりませんでした。

キャベツと柿の種とアレを合体させたら、悪魔的ウマさのおつまみになるのでこちらも是非とも試していただきたいおいしさです。

source: セブンイレブン

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「悪魔的な旨さ、セブンのペペロンチーノと牛塩ホルモン炒めが悪魔合体過ぎると話題に