image:写真AC

企業の面接を受けた後、結果の連絡が来るまではなかなか落ち着かないものです。結果を待っている間は電話やメールが来る度にドキドキしてしまうものですが、中には想定外の連絡をされる場合もあるようです。今、ネット上ではある企業からの選考結果の連絡内容が「ドS過ぎる」「サイコパス」と話題になっています。このような連絡をされることは稀とは思いますが、企業からの連絡も様々なものがあるということでしょうか。

企業から面接結果の電話が

”面接を受けた企業からの選考結果の連絡が怖かった”という以下の投稿が現在Twitter上で話題になっています。

怖い話していいですか?

一次面接を終えた御社から電話があって、面接どうでしたか?って聞かれたから私は一生懸命感想と感謝を伝えたんです

そしたら御社はね、弊社の社風を感じ取ってくれてありがとう、嬉しいですって言った後に「誠に残念ながら」って同じ口で言ったんですよ……

と面接結果の連絡に関して衝撃を受けた旨が投稿され注目されているのです。

確かにこれはある意味怖い話かもしれません。

面接の感想等を聞かれた後に不採用と言われたらショックを受けても無理はないですよね。面接や会社の印象を聞くにしても先に選考結果を伝えるべきではないかと感じてしまいますが…。

「人事のメンタルはサイコパス」「意図がわからない」とネット上で話題に

この投稿に対して投稿者への励ましや驚きといった様々な反応が寄せられています。

多く見られるのは「人事はサイコパス」「サイコな人間が人事をやるのか、人事をやるからサイコになるのか」といった人事の対応に関する指摘です。

また「そういった対応をする会社に入らなくて良かったんじゃないでしょうか」「企業の担当者がいつも良識があるとは限らない。少し歳上なだけの普通の人が大半なのであまり気にしなくていいです」といった落ち込む投稿者への励ましも多く見られます。

「中には企業側の何が問題かわからない」といった意見もありますが、「社会人なら結論から話しなさいと言いたくなる」「面接の感想を聞くにしてもまず結果を伝えてから聞くべきということでしょ」「わざわざ期待させてから落とす話をする必要はない」といったコメントが多く寄せられています。

確かに今回のケースであれば話の順番が違っていれば受ける印象も変わったかもしれません。

上記のように結局、「意図がわからない」「なぜ挙げて落とす話をしたんだろうか」と意図がわからないといった反応も。

中には「結果を伝える前のアイスブレイクのつもりだったのかも」「きちんと口頭で伝えようとする分、誠実なのでは」といった企業側の目線になってのフォロー的なコメントも見られます。

恐らく企業にしても悪意はなかったものと思われますが、大事な話の伝え方はよく考えなければならないということでしょうか。

企業の選考に関する事柄ではこんな話題もありました。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「面接結果の通知連絡、電話の内容がドSすぎると話題に