和食さと

image:秒刊SUNDAY

どうしてもファストフードや洋食に偏りがちな外食ですが、ふと和食を食べたくなった時に「和食さと」を見かけるとついつい入ってしまいがち。筆者は昔「堀越学園前店」に週3ペースで通うほどお世話になっていましたが、サクサクの天ぷらが美味しいことだけはハッキリと覚えています。そんな「和食さと」のテイクアウト天丼が5月9日まで322円!さっそく買ってみることにしました!

まさに衝撃!えび天2本の天丼、テイクアウト限定322円!

ちょっと外食すればあっという間に1,000円オーバー必至。ワンコインランチのお店ですらあまり見かけないのですが、なんとえび天を2本使った天丼が322円!税抜なら299円ですよ!元々天ぷらには定評のある「和食さと」ですからね、これは期待大!

参考:和食さと「テイクアウト天丼半額」

「和食さと」に行ってきました

以前「無限イート」で話題となったEPARK。そのEPARKアプリを使えば「和食さと」のテイクアウトの予約が可能なんです!時間指定で作ってもらえば、熱々出来たてを食べることが出来るのです!ただし一つだけ注意点!

EPARKテイクアウト、最低注文金額500円!

EPARKを使って注文した場合、天丼(半額)のお値段が税込322円のため注文出来ないのです!店頭で伺ったのですが、もし500円未満の場合は「直接店舗で注文いただければOK」との返答。今回はそれを知らなかったので、天丼に加えて「若鶏の唐揚弁当」も注文しておきました。

image:秒刊SUNDAY

時間通りに店舗に到着すると、笑顔いっぱいの店員さんがテイクアウト「天丼」&「若鶏の唐揚弁当」を渡してくれました。待ち時間30秒!事前注文なので当たり前なのですが、やっぱりありがたい。

image:秒刊SUNDAY

「天丼」&「若鶏の唐揚弁当」を実食!

宣材写真と比較すると少々えび天がおとなしい気がしないでもありませんが、それでもかなりのボリューム。タレは別添えパックで、好みでかけるスタイルになっています。これで通常価格644円の半額「322円」はやっぱり衝撃的な安さです。

image:秒刊SUNDAY

えび天の長さは約13cm、お値段を考えれば十分納得の大きさ。

image:秒刊SUNDAY

ちょっと衣が厚いような気がしないでもありませんが、これが2尾付いてくるわけですからコスパ抜群!味はエビがプリプリでかなり美味しいのですが、やはり店内で食べる天丼に比べると少々味が落ちるのは仕方ないですね。こればっかりはどうにもならないので、価格と「行って来い」ということになります。

image:秒刊SUNDAY

この白身の天ぷらは「鱧(ハモ)」のような気がします。かなり小さいので、もう少し大きさが欲しいところ。

image:秒刊SUNDAY

大きめの「レンコン」は揚げてもシャキシャキで、食べごたえ抜群!

image:秒刊SUNDAY

「オクラ」は非常にみずみずしくて、エビ天の合間に食べるのに最適。4種5個の天ぷらが乗った天丼、どう考えても322円は破格!

image:秒刊SUNDAY

もしかして天丼超え?「若鶏の唐揚弁当」の選択肢もアリ!

実は500円以上(EPARKの最低利用金額)にするため、ついで買いした若鶏の唐揚弁当・・・こちらは通常価格646円が「430円」と約33%オフではあるのですが、これがまたウマそう!

image:秒刊SUNDAY

「大きめ」とはお世辞にも言えませんが、通常サイズの「からあげ」がなんと5個も!!

image:秒刊SUNDAY

ご飯には梅干しではなく「じゃこ」が乗っています!実はこれ、かなり美味しくて米が進む進む!

image:秒刊SUNDAY

「からあげ」はもも肉を使っていて、しっとりジューシー!言うまでもなく、こいつも美味しいお米に合いまくり!お値段は108円高いのですが、もしかしたらこっちの方がありなのでは・・・と思えるような「若鶏の唐揚弁当」でした。

image:秒刊SUNDAY

「天丼」をテイクアウトして紹介するつもりだったのですが、なし崩し的に購入に踏み切った「若鶏の唐揚弁当」が430円とは思えぬ味とボリューム!「天丼」も捨てがたいのですが、両方買っても752円なので「両方買う」のが正解!今回も美味しくいただけました、ごちそうさまでした!

近所に「和食さと」がない!という方もいらっしゃると思います。そんな方は丸亀製麺の「うどん弁当」をアレンジするのがおすすめです。

source:和食さと

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「和食さと、えび天2尾の天丼が今だけ半額322円、コスパ最強すぎる天丼を食べてみた