image:pixabay

ロボットというものはいつか人間を越える能力を発揮し、襲いかかってくるというターミネーターのような話が最近懸念れされつつありますが、既に我々の驚異としては「コンピューターウイルス」や「マルウェア」などで危険な状況となっております。それが実体化したものがAIを搭載したロボットですが、徐々に現実味を帯びております。

視線を送るロボットが開発される

さて今話題となっておりますのはこちらのロボット。既に皮膚が無いという状況で不気味ではあるのですが、恐るべきはこのロボットの能力。

まるで人間のように、視線をおくり、まばたきをし、歯を備え、表情を作る。あたかも人間と会話をしているような錯覚さえ覚える。

さらに、このロボットの能力として相手の表情を見て、感情を感知するという能力があり、空気を読めない人にとってはこの能力の羨ましさたるや半端ない。

開発したのは・・・あのディズニー

しかもこのロボットを開発したのが、怪しいロボット企業ではなくなんとあの「ウォルト・ディズニー」のエンジニアだという。このロボットの能力を発揮し、アトラクションの人間に搭載するのだろうか。

それを考えるとアトラクションがまたさらにリアルになりそうだ。イッツァスモウワールドは、人形のようなコミカルな動きが可愛い。しかしこのヒューマノイドがその場に導入されれば、状況は一変。かなり不気味でしかなく、子供は泣き叫ぶだろう。

今後はこのロボットにちゃんと皮膚をつけて、より人間らしさを演出させていくに違いないが、この技術がより進化しもはや人間特別がつかない状況になったら、我々とロボットの区別はどうすればよいのか。

こちらのロボット銀行も話題ですが

既にもう我々の中にロボットがいてもおかしくなく、根本的な話をすると、我々が誰かに作られたものなのかもしれない。

Source: DailyMail 参照:資料(PDF

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ディズニーが開発したヒューマノイドが、不気味すぎると話題に