PlayStation Vita

image:秒刊SUNDAY

既に2世代前のゲーム機となったPlayStation3、その役目を終えようとしているPlayStation Vita。どちらもPS2やPSPと比較するとシェアを落としましたが、それでも固定ファンを中心に人気を保っていたゲームハード。そんなPS3とVita、2021年夏でPS Storeでのコンテンツ販売が終了するとアナウンスされていたのですが・・・一転サービス継続という発表がSIEよりありました!

「PS3」&「Vita」コンテンツ販売終了から一転・・・サービス継続へ

PS3が発売されてから今年で15年、Vitaが発売されてからは今年で10年を迎えました。すでに両機種とも新作が発表されていないため、販売元のSIE(ソニーインタラクティブエンタテインメント)からは両機種及びPSPの「PS Storeサービス」(主にダウンロードゲーム販売)を2021年夏で終了することを発表していました。

それが一転してPS3とVitaに関してはサービス継続が発表され、ファンからは歓喜のリプライが続々送られています。特にPS3は後継機に「互換性」がないため、現役で使用しているというゲーマーも多いはず。残念ながらPSPに関しては、2021年7月2日(金)に終了が確定しています。

「PS3」&「Vita」コンテンツ販売継続の理由とは・・・

コンテンツ販売の理由としては、以下のようになっています。

・検討を重ね、この判断(サービス終了)は誤っていたとの結論に至りました。
・多くのプレイヤーの皆さんが今後もPS3およびPS Vitaでクラシックゲームを購入できることを強く望んでおられることがわかりました
・PlayStationが誇るゲームタイトルの歴史の一部をプレイヤーの皆さんに継続してお届けできることを大変嬉しく思っています

かなり熟考を重ねた上で、ユーザーのことを考えての結論のようです。出来ればPSPも・・・と言いたいところではありますが、すでに発売から16年経っているゲーム機ですので致し方ないところでしょうか。

引用:PS3およびPS VitaのPS Storeサービス継続のお知らせ

PSファンの声は・・・

通常はこういった「悲報」って覆ることが殆ど無いですからね、これは嬉しいニュースです!

これは本当に同意!PCブラウザから、PS3とVitaのコンテンツが確認できないんですよ・・・これは非常に不便なので、すぐにでも解消して欲しい!

サービス継続には、身銭を切ってソフトを購入された方のおかげかと。その辺が「サービス終了の判断は誤りだった」とSIEに言わせる結果になったのではないでしょうか。

今回はたくさんの方から「終了撤回」を喜ぶ声が上がっていました。これはプレイステーションのアーカイブスが優れていると同時に、PS5の下位互換が中途半端な上にソフト不足ということも言えるかもしれませんね。いずれにせよ延命となったPS3&Vitaのコンテンツ販売。先述の通り、PCブラウザからも購入できるように戻していただけないでしょうか。

個人的には「PS Vita」の後継機を期待していたのですが、やはり発売されることはありませんでした。PS1~3、PSP、Vitaのゲームが全て遊べる携帯機があれば100%売れる!絶対!

source:ソニーインタラクティブエンタテインメント

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「PS3&VITA"PS Store"のコンテンツ購入、終了から一転してサービス継続確定、その理由とは