image:秒刊SUNDAY

ゲームメーカーの中でも絶大な人気を誇る任天堂ですが、Switch向けの新作ソフトが早くも話題になっているようです。話題のタイトルは「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」という作品でゲームをプレイしながらゲームプログラミングを学習できるという内容となっています。制作したゲームは他のユーザーと共有もできるということで、「大人だけどやってみたい」「子どもと一緒に遊びたい」と世代を問わずに注目されています。

任天堂、ゲームプログラミングが行えるソフトを発表

任天堂がSwitch向けソフト「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を6月11日に発売することを発表しました。

本作では”直感的な操作でゲームプログラミングを楽しむことができる”とのことで、子供だけではなく大人でも楽しめそうな内容となっています。

ゲームプログラミングというと馴染みのない人には難しく感じるかもしれませんが、ゲーム内のナビに従えば感覚的にゲーム作成が行えるそうです。プレイヤーへの親切な設計はやはり任天堂というところでしょうか。

ナビを使って作成する他に、自分の発想で1から作成することも可能となっています。作ったゲームはインターネットやローカル通信を介して共有することができるので、作ったゲームをお互いに遊んでみるといった楽しみ方も可能です。

「職人が生まれそう」「未来のゲーム制作者が生まれるかも」と期待の声

ゲームプログラミングが行えるゲームという内容にネット上では早くも期待の声が続出しています。

「職人が生まれそう」「このゲームでプログラミングを知った子どもが未来の製作者になるかも」といった反応が多く見られます。中には「共有できるなら金策に利用する人も出てきそう」といった声も。

また冒頭でも触れたように「子どもと遊びたい。時間さえあれば」といった微笑ましい投稿も見られます。退屈しがちな在宅時間を親子で楽しむツールにもなるかもしれません。

懐かしいですが「メイドイン俺」を思い出す人も少なくないようです。今回はSwitchのソフトということで出来ることの幅も広がるかもしれませんね。

Switchではモンハンの話題も盛り上がっていましたよね。

source:任天堂 公式サイト

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「任天堂、ゲームプログラミングが学べるソフトを発表、金策に使う職人誕生かと早くも話題に