image:秒刊SUNDAY

普段から美味しいと思っていた物が、実は地域限定の飲み物で衝撃を受けた経験はないでしょうか。そんな地域限定の物1つに北海道民に愛される炭酸飲料「ナポリン」があります。ナポリンという名前を初めて聞いた人もいると思います。そのナポリンを偶然見つけたので、どんな味なのか飲んでみたいと思います。

ナポリンとは

image:秒刊SUNDAY

1911年に誕生して以来100年以上の間、北海道で支持を受けている、甘さがしっかりしながらも爽やかな、オレンジ色のロングセラー炭酸飲料です。
パプリカ色素を使用した「植物由来のやさしい色」で仕上げました。

引用:https://www.pokkasapporo-fb.jp/ribbon/product/

ナポリンは100年以上の歴史がある、北海道民に長年愛される炭酸飲料です。他地域では物産展などでしか手にする機会がないので、馴染みのない人も多いことでしょう。

ナポリンを飲んでみた

image:秒刊SUNDAY

全国の名産品が集まるお店にやってきました。

image:秒刊SUNDAY

そこで北海道民の味ナポリンを発見しました。中々関東圏内ではお目にかかれないので買ってみましょう。

image:秒刊SUNDAY

このオレンジ色のパッケージが目立ちます。

image:秒刊SUNDAY

蓋を開けるとシュワッと炭酸がハジけます。

image:秒刊SUNDAY

早速飲んでみると、色からしてオレンジ味かと思えばオレンジではない、どれかと言えばサイダーに近い味わいです。言ってしまえば、ナポリン味というところです。

image:秒刊SUNDAY

色はこんなにオレンジなのに不思議です。

image:秒刊SUNDAY

商品説明を見てみると、このオレンジ色の正体はパプリカ色素を使った色で、味には関係していなそうです。ジャンルとしては、オレンジ色炭酸飲料だそうです。皆さんもこの不思議なサイダーとも一味違ったナポリンの味を堪能してみてはいかがでしょうか。

炭酸飲料といえばコーラが世界的にも人気ですが、中国でコカ・コーラ入りのコーヒーという極悪コラボドリンクが登場しました。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「北海道限定の謎ジュース、ナポリンを飲んでみた