アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶 アサヒビール

image:秒刊SUNDAY

アサヒビールが、コンビニエンスストアで6日から先行発売したビールの新商品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が爆発的に売れているという件で、早速購入したという方も多いのではないだろうか。開けた瞬間、吹きこぼれんばかりのこのビールの蓋は革命的とも言えるが、一つだけ難点がある。それは、泡が吹きこぼれすぎて台無しになるのだ。

泡が吹きこぼれてくる朝日生ジョッキ缶生産がおいつかない

image:秒刊SUNDAY

ということで話題となっている「生ジョッキ缶」。コンビニエンスストアで6日から先行発売をしたものの、あまりに売れ行きがよく、生産が追いつかないという事態になっているようではあるが、幸運にも入手することができたので早速飲んでいきたい。

本当に、生ジョッキのように、溢れんばかりの泡が楽しめるのか。某ファーストフードのように、誇大広告ではないのか。そんな疑問をいだきつつ、早速開けてみると・・・

image:秒刊SUNDAY

大事故。

想定以上の泡に悶絶。慌てて口で抑えようとしてもそれ以上の泡が吹きこぼれ、最早手のつけられない状況となってしまう。

image:秒刊SUNDAY

ようやく落ち着いたものの、周囲は泡だらけとなってしまう。おまけに、ジョッキ缶の中には泡しか残っていない。しかも、ビールの様子が全く伺えないほどの泡。

image:秒刊SUNDAY

これはもうビールというよりも「泡」を飲んでいると言った印象で、ビールの風味は一切感じられないという残念な状況となってしまった。

では何故こんな事になってしまったのか。実はこの「生ジョッキ缶」。しっかり楽しむにはそれなりの下準備が必要となる。今までのような普通にビールを缶で楽しもうという心構えでは一切通用しないのだ。

失敗しない方法:缶を温めすぎない

image:秒刊SUNDAY

少しぐらい外に放置しておいていだろう。

そう考えた方は、上記のような散々たる地獄を味わう。12度以上の場所においておくと、吹きこぼれるとのこと。しかも缶を手で包むと更にそれが加速する。手は36度以上あるので、なおさらヤバい。

つまりこれは缶を手で持ってはいけない、冷蔵庫に入れなければならないという制約付きであり、間違っても、みんなでパーティ用に、常温でおいておく・・・などという自殺行為は避けなければならないのだ。

ということで、上記を踏まえ生ジョッキ缶を楽しむことをおすすめする。

Source:アサヒビール

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アサヒ生ジョッキで「地獄絵図化」しないようにする、たった一つのこと