亀田柿の種

image:秒刊SUNDAY

家呑み需要が高まる昨今、お酒に合うおつまみを家に常備してある方も多いですよね。市販のおつまみもいいのですが、自分で作ったオリジナルおつまみで一杯やるのもいいものです。そんなあなたに、野菜をしっかり摂れて箸が止まらなくなるおつまみをたった1分で作れる方法をお教えします!一度食べたら何度でも作りたくなっちゃいますよ!

使うのは1袋100円の「たこわさ」です

キャベツと柿の種の他に使うのは、1袋100円のたこわさ(タコわさび)。最後にたこわさを乗せるだけで、キャベツと酒が止まらないおつまみになってしまうんです!1分もあれば出来ちゃうので、料理は面倒・・・という方にこそオススメです。

image:秒刊SUNDAY

まずは材料から。

【たこわさ柿ピー無限キャベツ】2人前材料
・千切りキャベツ&レタス袋 1袋
・お好きな味の柿の種(柿ピー) 6袋パックの1袋
・たこわさ 1袋(50g前後)
・お好みのドレッシング 適量
・余っている葉物野菜 少量(無くてもOK)

千切りキャベツは手抜きするためなので、手間をかけてもいいって方は丸ごとキャベツを千切りにしていただいても問題なし。その方がお財布には優しいですからね。余っているキャベツやレタスがある場合は、下に敷いて使うと無駄が出ずに使うことが出来ます。筆者の冷蔵庫にはキャベツがほんの少しだけあったので、洗ってから適当にちぎって使用することにしました。

image:秒刊SUNDAY

まずは、スーパーやコンビニで買えるキャベツ&レタスミックスをお皿にあけます。

image:秒刊SUNDAY

そこに「砕いた」柿ピーを適当に乗せたらざっくりと混ぜます。あまり砕きすぎると食感が無くなってしまうので、形が残る程度で大丈夫。今回は塩ダレ柿ピーを使用しましたが、味はお好みのものでOKですよ。

image:秒刊SUNDAY

ここにメインの「たこわさ」をドーンと。イカの塩辛でもいいかなと思ったのですが、塩辛はキャベツと合わなかったので却下!

image:秒刊SUNDAY

最後にお好きなドレッシングを回しかければ完成!あまりに主張の強いドレッシングだと味のバランスが崩れるので、あっさりしたドレッシングを少量使うことをオススメします。乗せて混ぜるの繰り返しだったので、1分程度で完成しました。

image:秒刊SUNDAY

「たこわさ柿ピー無限キャベツ」実食です

出来上がった「たこわさ柿ピー無限キャベツ」は、なんとなく健康に良さげな雰囲気を醸し出しています。

image:秒刊SUNDAY

たこわさとキャベツの相性最高!タコの旨味とわさびの辛さ、それとシャキシャキのキャベツが絶妙に合うんです!

image:秒刊SUNDAY

たこわさは出来るだけ「茎わかめ」が入ったものを選ぶと吉。ピリっ!カリカリっ!クニュ!っとした味と食感が最高すぎる・・・

image:秒刊SUNDAY

とにかく酒が止まらなくなる味!特に日本酒と一緒だと、酒もキャベツも相乗効果で旨味が数倍にアップ!!「追い柿ピー」をするとサクサク感がアップして、更に美味しくいただけますよ。

image:秒刊SUNDAY

ちょっと変わった「おつまみ」が欲しいとき、あっという間に作ることが出来る「たこわさ柿ピー無限キャベツ」を作ってみてはいかがでしょうか。「柿ピー」と「たこわさ」があるなら「そのまま食べたほうが」と思う気持ちはわかります。なぜかって?筆者がその気持ちを抱えながら作っていたもので・・・ごちそうさまでした!

「亀田の柿の種」といえばいろんなバリエーションがありますが、筆者が密かに好きだったのはこちらの柿の種。おつまみにはなりませんが、くせになる味だったような気がします。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「調理時間わずか1分、キャベツと柿の種にアレを混ぜるだけ、酒に合うパリパリ無限キャベツを作る方法