丸亀製麺の弁当は390円〜ということでかなりお得な弁当であることは既にネットのニュースからも情報を仕入れた方も多いだろう。ところが、それですぐに持ち帰るのはもったいない。できればもう少し仕上げてワンランク上を狙ったほうがより美味しさが増すのだ。

丸亀製麺の弁当といえば

丸亀製麺の弁当といえば、コロナウイルスの影響で、テイクアウトの風潮が強まる中、4月13日から丸亀製麺が始めた持ち帰り専用の弁当。

2種類の揚げ物が入った390円の弁当、3種類の揚げ物が入った490円などバリエーションは様々。

とにかく390円から、揚げ物やその他惣菜が入ったうどんが食べられるのは魅力的で、なんだかんだ言って500円は超えがちな丸亀製麺に一石を投じている。

こちらは390円の弁当。ちなみに揚げ物は種類は固定で「ちくわ磯辺揚げ」と「野菜かき揚げ(バラ)」。つまり種類は選べないという点はポイントであり注意点。それでも390円ならばこれ一択である。

で、テイクアウトなのでそのまま持ち替える・・・というのが一般的だが、それでは少々もったいない。せっかく丸亀製麺に来たのであれば、思う存分コスパを活かしたい。ということでこちらのサービスを使う。

薬味・天かす等を更に盛って旨さ2.5倍へ。

弁当なのでそのまま持ち替えるのがセオリー。

しかしそのセオリーを無視し、いつも利用する薬味などをてんこ盛りにするというあの手法を弁当にも取り入れる。ここは丸亀製麺。ただの弁当では終わらない。

ということで、山盛りネギだく・てんかす盛り、生姜ぞえ弁当の完成。

これは贅沢である。このビジュアルだけでゆうに500円は超えてもいいレベルだが、それでも390円。丸亀製麺が破綻しないか心配になるほど。

弁当なので家で最終的にミックスして味わうのがベター。きんぴらごぼうと、てんかす・ネギが合わさったうどんは格別。もはやこれはうどんを超えた、新しい料理と言っても過言ではない。

最後に、万が一うどんが嫌いな方はこれを白いご飯に変えて、普通の白い飯弁当にしても良いと思う。ただし白いご飯は自前にしないと価格がオーバーするので注意が必要だ。

ということで丸亀製麺弁当、今のうちに急いで注文し、薬味をてんこ盛りにすべし。

Source:丸亀製麺

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「丸亀製麺のコスパ最強弁当、更に美味しさを2.5倍爆増させる方法