丸亀製麺

image:秒刊SUNDAY

うどん喰いてぇ!って思った時に最初に思い浮かぶチェーン店、筆者的には「丸亀製麺」だったりします。3月31日までの500円ランチが終了してしまい、意気消沈している方が多いと思いますがご安心ください!4月13日から「丸亀うどん弁当」が持ち帰り限定で販売開始されました!さっそく筆者も持ち帰ってみることに・・・

丸亀製麺「丸亀うどん弁当」はコスパ最強!

390円~650円まで、4種類の中から選べる丸亀うどん弁当。冷やしぶっかけうどん好きな筆者としては、首を長くして待っていました!どう考えてもお得になるとしか思えない「丸亀うどん弁当」は絶対に美味しいはず!これは発売日の開店と同時に買いに行かねば・・・

「丸亀製麺」にやってきました!

こんな田舎(茨城のゴッサムシティ)にもしっかり出店してくれて、本当にありがたい存在の丸亀製麺さん。もう少し早めにお店を開けてくれると嬉しい(11時開店)のですが、そこに店を構えてくれるだけでも嬉しかったりします。

image:秒刊SUNDAY

色々迷いましたが、620円の海老天&鶏もも天追加の弁当に決めました!基本の390円に230円足すだけで海老天1尾&鶏もも天2個が付いてくるなんて、贅沢ここに極まれりですよ。

image:秒刊SUNDAY

揚げ物を見てる間に「丸亀うどん弁当」が出来上がったので、家に帰って食べるだけです!まるで準備してあったかのような、圧倒的な手際の良さでした。

image:秒刊SUNDAY

「丸亀うどん弁当」はコスパ最高だった!

まずは390円の「天ぷら2種弁当」は「冷ぶっかけうどん並(290円)」と「野菜バラ天」「ちくわ磯辺天(70円)」がメインで「きんぴらごぼう」と「たまご焼き」が付いてきます。野菜かきあげ(140円)が半分の大きさとしても140円プラスになりますので、これだけで既に40円もお得になり、きんぴらとたまご焼きに持ち帰り容器代(通常30円)を考えれば更にコスパが良くなります。

image:秒刊SUNDAY

そして490円の「天ぷら3種弁当」は、上記に加えかなり大ぶりな「えび天(160円)」が付いてくるのです!これで390円弁当よりも、更に60円お得が確定!

image:秒刊SUNDAY

そして620円の「天ぷら4種弁当」に至っては490円の弁当に130円プラスで、「鶏もも天(120円)」が2個も付いてくるのです!!これだけで110円のお得!単品での購入に比べ210円安くなり、きんぴらごぼうとたまご焼きが付きます。これはコスパ最高を通り越して最強じゃないですか・・・

image:秒刊SUNDAY

今回は購入していないのですが「肉うどんの肉」が乗っている「肉うどん弁当(650円)」は基本の弁当との差が260円になります。ぶっかけうどんと肉うどんの価格差が300円なので、これに関してはそこまで「安い!」という感じではありませんでした。もちろん、肉ぶっかけうどんが好きな方でしたら選択するものあり。

せっかくなので「天丼」にしてみました

丸亀製麺さんの店内でもご飯のみ(140円)を注文することは可能ですが、家でご飯を炊いておけば好きなだけご飯を食べることができます!丼に好きなだけご飯をよそい、好きな天ぷらを乗せてぶっかけうどんのダシを少しかけるだけ。えびと鶏ももで食べるご飯、最高すぎる!

image:秒刊SUNDAY

鶏もも天の断面!ジューシーすぎるだろ!

image:秒刊SUNDAY

えび天もしっかりとした太さの海老を使っていて、2本位あれば海老天丼として成立するレベル。しかもぷりっぷりで本当に美味い!

image:秒刊SUNDAY

もちろん肝心のうどんは「つるしこモチモチ」で間違いない美味しさ!それにしても持ち帰りのクオリティを超えすぎていて、思わず笑いながら食べてしまいました。これが家で食べられるとは、やっぱり丸亀製麺最高っ!!

image:秒刊SUNDAY

本日から始まった「丸亀うどん弁当」ですが、持ち帰って食べることの出来る環境があれば「最強コスパ」と言って過言ではありません!近所に丸亀製麺がある方は、毎日食べてもいいかも。終了日時は未定ですが延々と続いて欲しいメニューですね、ごちそうさまでした!

筆者は丸亀製麺のカレーうどんを食べたことは一度もないのですが、かなり美味しそう!次は店内でカレーうどんも捨てがたい・・・

Source:丸亀製麺

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「丸亀製麺お持ち帰り専用”丸亀うどん弁当”、どれを食べてもコスパ最高すぎた