image:秒刊SUNDAY

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の人気と共に、主題歌であるLiSAさんの炎も人気急上昇となっています。紅蓮華はアップテンポな楽曲に対し、炎はバラード調と全く違う表情を見せていますが、炎をアップテンポに仕上げたところ紅蓮華になる大発見をしたユーチューバーが話題となっているのです。

マイキ/ラトゥラトゥがとんでもない大発見!

この投稿をInstagramで見る

23歳になりました。 これからも宜しくお願いします!!!

マイキ (@maikidrum)がシェアした投稿 -

作曲家で自身がドラムを務めるラトゥラトゥの音楽プロデューサーでもある、ユーチューバーのマイキさん。

YouTubeの「マイキ/ラトゥラトゥ」チャンネルでは、かっこいいドラム演奏を披露しており、エンターテイナーとしても大活躍しています。

オリジナル楽曲だけでなく人気楽曲をカバーした動画も数々配信していますが、音楽を作るうえで一番大事なものは『コード』と『ドラム』であると、マイキさんは語っていました。

そのコードとドラムを変えてアップテンポ調にすると、なんと炎が紅蓮華になってしまうと言う大発見をしてしまったのです。

それでは、紅蓮華になってしまった炎をお聞き頂きたいと思います!

【大発見】「炎」のテンポを上げたら「紅蓮華」になったwww【鬼滅の刃】

炎の雰囲気がだいぶ変わり、本当に紅蓮華に近づいています!

炎のコードとドラムを変えてしまうという発想力の凄さに「毎回なんてこと思いつくんだよ」「ほんとにこの人凄いや!」「天才過ぎん?」「音楽を語るマイキ君すき。」と、コメントが寄せられていました。

音楽をあまり知らない筆者マギーも、コードとドラムを変えるだけでこんなにもイメージが違い、炎が紅蓮華に似てしまうという事を知る事ができました!

今後、炎と紅蓮華を混ぜた楽曲を披露したいと語っており配信が楽しみですが、『炎×紅蓮華』のネーミングを「ほむんげ」とマイキさんが思わずつぶやき、言った瞬間に吹き出してしまうところもかわいさMAX!

漢字にすると『炎華(ほむんげ)』だそうです。

『炎華(ほむんげ)』のYouTube配信を楽しみに待っています。

また、マイキさんが竈門炭治郎のコスプレをしながら本気で和太鼓を演奏した動画もカッコ良すぎてヤバいと話題になりました。

マイキ プロフィール

タケヤキ翔との音楽ユニット「ラトゥラトゥ」のドラマーとして活動中。作曲・編曲からVJ、ギター・ベース、MIXなども自身で行うオールマイティーな音楽クリエイター。音楽を強みに、TIKTOKでは約50万人のファンを抱える。ドラムパフォーマンスには定評があり、YouTubeも1年で本格始動から30万人を突破。福岡県出身。

source:UUUM

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ヤバ過ぎる大発見、鬼滅の刃の炎にとある事をしたら紅蓮華になると話題に