image:秒刊SUNDAY

セブンイレブンに行けば、コンビニですので商品が陳列されている。時にはATMを使ってお金を出す、時には、スマホの充電器のケーブルが無いので急いで購入しようとするも、2000円台もする金額に財布の紐が固くなる。そんな利用目的かとおもいますが今回はとんでもない状況となったセブンイレブンが話題となっております。

店内に巨大なトカゲが・・・

写真を見て、これは本当か?と疑いたくなりますが、本物のようです。

タイのナコーンパトムという都市にあるこちらのセブンイレブンに、背筋も凍るようなとんでもない事件が起きている。そうです店内に巨大なトカゲがいるのです。我が物顔で商品陳列棚を登っていくトカゲ。

あまりにも恐ろしいこの光景は、スマホで撮影されたようですが、すぐに拡散。多くの方に衝撃を与えました。

何は友あれ実際の映像を見ていただいたほうがよりわかりやすいかと思いますのでご覧ください。

この映像を見れば、ハッキリと「本物」と理解できるはずです。

このトカゲは近くの運河から這い上がり、餌を求めて店内に侵入してきたようです。どうやら最近雨がふらず、餌がなくなった模様。

トカゲの種類は「ミズオオトカゲ」というもので、大きいものは250センチにも達する。魚・ヘビ・カエルなどを捕食。人間は食べないが、有害な細菌をもつ毒をはくというから、近づいて攻撃されたらひとたまりもない。

ちなみに日本でもペットとして飼われていることもあるようだが、こんな恐ろしい動物を家で飼って、逃げ出したらそれこそ街中がパニックになりそうだ。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「タイのセブンイレブンが世紀末過ぎると話題に