異物混入

image:pixabay

食品において、最も恐ろしいことは、そうです「異物混入」です。多くのメーカーがこれを避けるために、あらゆる手段を講じ事前に防止をこころみてはいるものの、何らかの不手際で、発生してしまいます。日本でも以前、カップ麺に昆虫が混入というセンセーショナルな事件が世間を騒がせましたが、こちらも問題です。

なんとレタスパックのなかに「ヘビ」が混入

オーストラリアのシドニーにある有名スーパー「ALDI(アルディ)」。44歳のアレクサンダーは、この店を利用し、レタスを購入。ラッピングされたきれいなレタスだ。

そしてそれを家に持ち帰ると、中からとんでもないものが出現。チョロチョロと舌を出す生物、なんとレタスに「ヘビ」が混じっていたのだ。霊長類が最も恐れる動物「ヘビ」。こいつが混入していたなんていうのは、さぞかし驚いたことだろう。

しかし、アレクサンダーは冷静。

すぐさまレタスをタッパーに取り分け「野生生物救助組織」にこのヘビを見てもらうことにしたという。

すると衝撃的な事実が判明してしまう。

ヘビは猛毒の毒蛇だった

なんとヘビは、猛毒の毒蛇。

ただでさえ恐ろしいヘビ。そいつが、猛毒を持っているということであれば、もはやレタスどころではない。命が危ないのだ。

ALDIは直ぐに調査をするといい、一体どこで混入したのか今後詳しい理由が明らかになるだろう。

しかし話はこれで終わらない、その後アレクサンダーはとんでもない行動に出る。

夕食はサラダにした

サラダ

image:pixabay

ヘビが猛毒ではあったものの、命に別状はなくなんとか安堵した「アレクサンダー」。

その日の夕食は「この世で最も緊張感のあるサラダを食べた」と話している。そうなんです、ヘビを取り除いてタッパーに入れたレタスを、なんと夕食に食べたのだという。

「サラダを徹底的に洗ったよ」

と話すアレクサンダー。

ネットでは「イイハナシダナー」「客の行動にホッとした」「アレクサンダーでよかった」などとアレクサンダーに絶賛のコメントが寄せられている。

猛毒のヘビが居たサラダを洗って食べる。なんとも勇敢なアレクサンダーではありますが、今言えるのは、混入を発見したのが、アレクサンダーのような、懐の深い器の大きな男だったからよかったものの、別のタイプの人間だったらと思うとゾッとする。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「某有名スーパー、死の危険を伴う恐ろしい異物混入発覚、しかし客の想定外の行動にネット2度衝撃