「平成の三四郎」と呼ばれたバルセロナオリンピック、柔道の金メダリストの古賀稔彦さんが24日、亡くなった。テレビ等では、速報テロップなどで報告がされたが、死因は明らかにされていなかった。しかし一部報道機関などによると、死因は「がん」であることが明らかとなっている。ネットではあまりにも若すぎる死に動揺が走っている。

柔道金メダリスト古賀稔彦(53)さん死去、死因はがん

今回の報道ではあまりに若すぎる死にネットでは動揺が走っている。古賀さんはバルセロナオリンピックで金メダルを獲得。背負い投げが持ち味の「平成の三四郎」と呼ばれていた。

年齢は53歳ということでまだまだこれからという時期に、一体何故亡くなってしまったのか。NHKなどの報道では、去年がんの手術を受けて、療養を続けていたということだ。つまり死因はがんということになる。

しかしながらこのような報道は一切されていないがため「どうして?めちゃくちゃかっこよかったのに」「あまりに急すぎる」「53歳の若さで、ビックリしました。」という声も寄せられ、東京オリンピックを前に、非常に残念なおしらせとなってしまった。

古賀 稔彦

生年月日:1967年11月21日
肩書:環太平洋大学教授(弘前大学博士(医学)・日本健康医療専門学校校長・1992年バルセロナオリンピック柔道男子71kg級金メダリスト
出身:佐賀県三養基郡北茂安町(現・みやき町)出身。

Souce:NHKニュース / 古賀稔彦公式サイト

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「柔道金メダリスト古賀稔彦(53)さん死去にネット衝撃、何故に死因は・・・