カモシカのような脚とは、女性の美脚を指す言葉で、主に細くてすらりと長い足を言い表した表現なのですが、カモシカは実は足が太くて短いです。良い例えに使われてるのに...そのように、イメージとは結構違う誤解の多いカモシカ。さらにとんでもない事実が晒されていました。

カモシカ推しの三重県菰野町

こんなにカモシカを推している町は他にないのではないのでは?というくらいカモシカ推しの町菰野町。この写真の橋の名前は「かもしか大橋」だし、マラソン大会にまでかもしかの名を冠していたりと、その愛の深さは異常なレベルです。そんな菰野町のポスターに書かれた文言が衝撃的すぎるのです。

カモシカに衝撃の事実

「誰が鹿や」とガチギレされてらっしゃるカモシカさん。二ホンカモシカはなんと鹿でなく牛の仲間なのだそうです。名前が悪い気もしますが、よくよく考えると見た目も牛というよりは鹿寄りな気もします。

鹿と牛と見比べよう

これが鹿。うーん、アホっぽくてかわいい。特に「むっ」て閉じられた口元。

大してこちらが牛。正面から見ると牛も愛嬌があって可愛いですね。まあでも、カモシカが見た目どっちに似ているかと言われたらやっぱり「シカ」の方に似ている気がします。

なんで「カモウシ」って名前にしなかったのか。やはり見た目が鹿に似ていたからでしょうか。勘違いは誰にでもあり得る事ですが、カモシカが牛の仲間だったというのは驚きです。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「カモシカ推しの菰野町が出したポスターに衝撃の事実が