紙カミソリ

image:秒刊SUNDAY

コロナ禍で人前に出る機会が減ったという方もいらっしゃるとは思うのですが、とはいえ最低限の身だしなみは整えたいものですよね。ヒゲやムダ毛をしっかり整えておきたいものですが、使い捨てが多い「T字カミソリ」は環境に優しくないと槍玉に挙がることも・・・そんな使い捨てカミソリ、環境に優しい「紙カミソリ」が大人気だそうなので、実際に使ってみることにしました。

貝印、世界初の「紙カミソリ」が激売れ中!

貝印からSDGs(※)がコンセプトの「紙カミソリ」が発売から大人気で入手困難となっているのですが、なんと夏木マリさんと冨永愛さんのコラボモデルが発売!こちらも品薄が続いているようですが、なんとか購入することが出来ました。

SDGs(エスディジーエス)・・・「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。世界中全ての人を取り残さず、持続可能でよりよい社会を目指すという世界共通の目標のこと。紙カミソリの場合、コンセプトとして「気候変動に具体的な対策を」の項目に合致しているものと思われます。

「紙カミソリ」が届きました

貝印の公式ストアで紙カミソリが奇跡的に販売中だったため、冨永愛さんのモデルを購入。夏木マリさんモデルと迷ったのですが、5本とも色が違うモノが欲しかったので冨永愛さんモデルにしました。プチプチに包まれた袋を開けると、紙製のパッケージが出てきました。

image:秒刊SUNDAY

紙箱の中には紙で包まれた「紙カミソリ」が入っています。

image:秒刊SUNDAY

出てきました!「世界初!紙カミソリ」ということで、期待が高まります。

image:秒刊SUNDAY

「紙カミソリ」を組み立ててみましょう

公式ページによると、薄さはたったの3mmとのこと。スーツの胸ポケットに入れていても、全く邪魔にならない厚さですね。

image:秒刊SUNDAY

パッケージにはプラスチック98%削減というマークがありました。

image:秒刊SUNDAY

封を切ってみると、いわゆるペーパークラフトのような作りになっています。これはノベルティ需要が非常に高いのではないでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

組み立て方は至って簡単、裏返して全ての折り目を「たにおり」するだけです。初見の筆者でも、10秒程度で組み立て可能。

image:秒刊SUNDAY

最後に「刃を保護していたシール」を、カミソリの「柄」に巻きつけるだけで完成です!

image:秒刊SUNDAY

これは本当に簡単!持った感じもいわゆる「使い捨てカミソリ」そのもので、紙とは思えないほどしっかりとした作りになっています。冨永愛さんモデルなので「AI TOMINAGA」が柄に書かれています。

image:秒刊SUNDAY

「紙カミソリ」でムダ毛を処理してみました

筆者の微妙な濃さの「腕毛」を「紙カミソリ」で剃ってみることに。普段ほとんどムダ毛処理などすることがないので、こうしてみると割とムダ毛が多く見えます。

image:秒刊SUNDAY

「紙カミソリ」にはスムーサー無しの3枚刃。当然シェービングジェルやムースは必須となるので、今回はジェルを塗ってから力を入れずにスッと剃っていくと・・・これスゴい!軽く肌に置きながら引いただけなのに、何も引っかからずにツルツルになりました!

image:秒刊SUNDAY

敢えて本体にお湯をかけてみたのですが、すぐに折れてしまったり柔らかくなることはありませんでした。

image:秒刊SUNDAY

浴室に置きっぱなしにするとさすがに支障が出そうなので、使い終わったら洗面台の上あたりの「濡れにくい場所」で乾かしながら保管するのがおすすめです。

image:秒刊SUNDAY

筆者の個人的な意見ですが「カミソリ界のツートップ」といえば貝印とフェザー。とにかく切れ味と刃の耐久性が段違いなんですよ。紙カミソリもさすが貝印!といった剃り味。環境問題にも一役買いそうですが、品薄が続いているので売っている時が買い時です。おすすめ出来る商品ではあるのですが、5本1,100円(送料込)というお値段が唯一のネックかも。

筆者ではないのですが、以前秒刊SUNDAYのライターが100均の「鼻毛カッター」を試したことがありました。これも完全に「紙」でイケるような気がします。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「貝印、世界初「紙カミソリ」プラスチック98%削減のカミソリの剃り心地を試してみた