ぬって焼いたらカレーパン

image:秒刊SUNDAY

ショッピングモールのみならず、都心では路面店も多いカルディ(KALDI)コーヒーファーム。コーヒーのイメージよりも、輸入食品を取り扱っている店として認識されている方も多のではないでしょうか。そんなカルディのオリジナル商品「ぬって焼いたらカレーパン」が現在大人気なのですが、食パンではなく「あのパン」に塗ってみたら想像を絶する味になったのでご紹介します!

KALDI「塗って焼いたらカレーパン」が人気すぎて品薄状態に!

2020年に発売されて以降、入荷即売り切れが続きなかなかお目にかかることが出来ないぬって焼いたらカレーパン。その名の通り「(食パンに)ぬって焼いたらカレーパン」という商品なのですが、インパクトのある名前も相まって品薄が解消される気配がありません。筆者も一度は食べてみたいと思っていたのですが・・・

偶然見かけた「ぬって焼いたらカレーパン」を購入!

完全に「ぬって焼いたらカレーパン」のことなど忘れていたある日、たまたま入ったカルディで発見!まあ即購入しちゃいますよね、考える前に買いますよね。

image:秒刊SUNDAY

そんなわけで数ヶ月に渡るリベンジ達成!「ぬって焼いたらカレーパン」が我が家にやってまいりました!

image:秒刊SUNDAY

気になる原材料ですが「乾燥ポテト」や「乾燥玉ねぎ」が入っており、まさしく「カレーパンの中身」といった感じです。特出すべきは1食あたり(12g)の炭水化物が2.5gしかありません!炭水化物=糖質+食物繊維なので、どう考えても糖質は2.5g以下。カレーパンの中身に近い原材料を使っているのに、これがスゴい!その分カロリーと脂質は少々多めになっています。

image:秒刊SUNDAY

「ぬって焼いたらカレーパン」を食パンで食べてみました

まずは基本から、というわけで食パンに塗って食べることに。香りは焼く前から完全にカレーの香り、しかし質感はグラニュー糖が入ったマーガリンのような感じです。

image:秒刊SUNDAY

これを普通に2分ほどトーストすればいいのね・・・上手に焼けましたー!色は完全にカレーだし匂いも完全にカレー、これは絶対にウマイやつだと確信。

image:秒刊SUNDAY

ここは忖度なしで正直なことをお伝えしましょう、正直に言えばカレーパンというよりも「カレーをぬった食パン」です。このペーストの効果かどうかはわかりませんが、食パンの表面がカリカリになった上に中身の水分がしっかり残って「中フワ外カリ」になりました!

image:秒刊SUNDAY

オススメのパンはこれ!「塩バターフランスパン」

食パンもかなり美味しかったのですが、ヤマザキ「塩バターフランスパン」で食べるとより美味しくいただけます!

image:秒刊SUNDAY

こちらは「ぬって焼いたらカレーパン」をしっかりとぬったら「ピザ用チーズ」を好きなだけ乗せてます。

image:秒刊SUNDAY

とろけた「チーズ」と香ばしい「カレー」の相性は抜群!食感は「パリパリしっとり」という新食感。これはぜひ一度試していただきたい味です!

image:秒刊SUNDAY

味の方はまさに「想像を絶するほどカレーパン」といったところ。しっかりとしたカレー風味は「ぬって焼いたらカレーパン」の名に恥じぬ商品であることを、しっかりと示してくれました。これは本当にオススメ商品です!

image:秒刊SUNDAY

あまりの人気でなかなか手に入らない商品ですが、カルディの店員さんに聞いたところ「コンスタントに入荷がある」ということです。欲しい方は店頭で入荷を確認するか、公式通販サイトに在庫がある場合もあるので確認してみてはいかがでしょうか。

以前はあのLiSAさんが、最近では阿佐ヶ谷姉妹お二人のオススメしたことでも話題のぬって焼いたらカレーパン。未だ品薄ですので、見つけたら即買いですよ!

source:カルディコーヒーファーム公式サイト

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「品切れ続出、カルディ”ぬって焼いたらカレーパン”をあのパンに塗ったら、想像を絶するほどカレーパンになった