GoogleMAP

image:秒刊SUNDAY

もはやこのサービスがなければ、旅行先で目的地にたどり着くことが困難になってしまうほど、重宝してしまう「GoogleMAP」。カーナビならぬ、人ナビ的な役割で我々に絶大なメリットを提供してくれるわけですが、そんなサービスにとんでもない問題が発生していると話題となっております。それがこちらです。

激ヤバ過ぎる不具合が発生したGoogleMAP

さて問題となっておりますのは、こちらの投稿。

一見普通のGoogleMAPのように見えますが、中央にある建物に注目。グレーのちょっと廃墟のような建物ですが、これが何故ここにあるのか。よく考えていただきたい。

そうです、本来ここに存在するはずのない建物であり、まるで誰かが意図的に置いたかのような不自然な配置。

もはや、廃墟というレベルではなく存在しない建物であるのです。

この投稿を行ったのは、イギリスのTwitterユーザー「キンバリー」。治安判事裁判所とマンチェスターのブリッジストリートにあるホテルの近くにあるビルのようです。

ネタバレ:何故このようなことになっているのか。


ではオカルトチックな視点ではなく、普通に技術的な視点から考えてみると、とあるユーザが、投稿しているこちらの説。

隣のビルが、誤って複製されて違う場所に置かれてしまったのではないか、という説。つまりGoogleMAPの不具合によるもの。

GoogleMAP

image:秒刊SUNDAY

実際に見てみると、ビルにめり込んでいたり、駐車場がこのビルに占領されていたりと、かなりハチャメチャな状況。

確かにストリートビューなどで、人体が途中で半分に切れていたり、透過していたりする不具合があったりしますので、この手の問題はあるあるなのかもしれません。

いずれにせよ、実際にこの場所を見てみないことにはわかりません。

場所はここです:GoogleMAP

Source:DailyStar

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「GoogleMAPで、物理法則を無視した激ヤバな不具合が発覚する